公式インスタグラムで4枚の肉体美ショットを公開

 スペイン2部サラゴサに所属するMF香川真司が公式インスタグラムを更新した。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて自宅待機が続くなか、晴天の下でバイクトレーニングに励み、見事な肉体美を披露。ファンから大きな反響を呼んでいる。

 香川はFCみやぎバルセロナユースに所属していた2005年、高校2年生の時にC大阪への入団が決定。06年にプロ入りを果たし、J2だった07年から主力に抜擢された。08年には16得点し、20歳だった09年は44試合27ゴールでJ2得点王に輝く活躍。J1昇格に貢献し、10年途中にドイツの強豪ドルトムントへ移籍を果たした。

 ドルトムントで活躍を遂げた香川は12年にマンチェスター・ユナイテッドへ加入。14年に再びドルトムントへ復帰し、19年にはトルコ1部ベシクタシュでプレー。今季からサラゴサへ加入し、新天地でも高みを目指し続けている。

 現在は新型コロナウイルスの大きな影響を受け、スペインもリーグ再開には至っていない。そんななか、香川は自身のインスタグラムで自宅トレーニングに励む様子を公開した。

「おはようございます みんな元気ー?今日も1日がんばろー!では僕は寝ます。おやすみなさい」

 そう綴り、青空のもとでバイクをこぐ写真を4枚投稿。上半身裸で白いハーフパンツを履き、太陽の国スペインで力を得るようなガッツポーズを公開した。鍛え上げられた見事な肉体美を披露し、ファンからも大きな反響を呼んでいる。

「腹筋素敵かよ」「めっちゃいい筋肉」「見事なシックスパック」「青空にムキムキが映えてる〜」と絶賛の声が相次いだ。これに日本代表戦士も反応。ニューカッスルFW武藤嘉紀やパルチザンFW浅野拓磨らがコメントし、タレントの武井壮も「ええとこやなあー」と、青空と肉体美の“映え”ショットに羨望していた。

Football ZONE web編集部