英紙が南野を特集、プレミアの“先輩”岡崎のコメントも紹介

 日本代表MF南野拓実は今年1月にリバプールへと加入したが、いまだ公式戦でゴールやアシストなど数字上の結果を残せていない。そんななか、昨季までレスター・シティでプレーしていた元日本代表FW岡崎慎司(ウエスカ)がプレミアリーグで戦う後輩に激励の言葉を送り、リバプールでの挑戦は「日本サッカーにとって重要」と指摘している。英紙「イブニング・スタンダード」が報じた。

 南野は今冬の移籍市場でリバプールに加入したが、新型コロナウイルスの感染拡大により、プレミアリーグは無期延期が決定している。早期の適応を目指す南野にとっては、思わぬ足踏みとなってしまった。

 公式戦7試合の出場にとどまり、ノーゴールノーアシストと目に見える結果を残せていない南野だが、昨季まで4シーズンにわたりレスターに所属していた岡崎は「イブニング・スタンダード」に対して、プレミアで戦う後輩に対し「テレビで何試合か見ているが、ネガティブな要素は見受けられない」と語っている。

「彼はボールを持っていてもいなくても、上手くプレーできる。チームを変えた後でも、彼は自信に満ちている。プレミアが世界で最難関のリーグであることは周知の通りで、選手の補強には巨額が動いている。そしてリバプールは昨季の欧州王者であり、すでにチームにはクオリティーが備わっていた」

 岡崎はリバプール挑戦の厳しさを強調しながらも、「それでも、自分自身を成長させることはできる。それは彼と日本サッカーにとって重要なものだと思っている。最初は質があるだけだったが、今は戦い方を習得している。彼はとにかく速い。この2年間でプレースタイルも変化した」と、南野がハイペースで飛躍を遂げていることも指摘していた。

 岡崎は加入1年目でプレミア優勝を経験。南野もリーグが無効とならない限り、加入初年度での優勝が決定的な状況となっているが、岡崎が主力として“奇跡の優勝”の一翼を担ったのに対し、南野はまだバックアッパーの域を出ていない。今後も厳しい戦いになるのは確かだが、プレミア名門での南野の挑戦はまだ始まったばかりだ。

Football ZONE web編集部