【日本人アナリスト浜野裕樹の奮闘|第1回】2014年W杯優勝を支えた「チーム・ケルン」の一員として活動

 ドイツの「ブンデスリーガ」と聞くと、多くの人がイメージするのは華やかな1部リーグの世界だろう。現在はハノーファーで日本代表MF原口元気、シュツットガルトで同MF遠藤航、そしてザンクト・パウリではMF宮市亮が活躍しているので、2部リーグへの認知度も多少はあるのかもしれない。

 だが3部リーグとなると、さすがにほとんど情報は出てこない。たしかにレベルや規模で言えば1、2部とは比較のしようもないが、ドイツでは3部リーグまでに「ブンデスリーガ」という呼称が付くのだ。デュイスブルク、ハンザロストック、インゴルシュタット、1860ミュンヘン、ブラウンシュバイク、カイザースラウテルンと元1部リーグクラブが多く名を連ね、元ドイツ代表MFケビン・グロスクロイツ(ユルディンゲン/元ドルトムント)など1部、2部で活躍していた名選手も、まだまだ現役でプレーをしている。

 そんなドイツの3部リーグで活躍している日本人スタッフがいる。

 現在12位につけているビクトリア・ケルン。ここにはアナリストとして、チームを支える日本人がいる。浜野裕樹、現在32歳だ。浜野のドイツでの歩みを語るうえで外せないのが、2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)になる。

 ブラジルの地でドイツ代表はアルゼンチンとの決勝に勝利し、通算4度目となるW杯優勝を果たしたわけだが、当時浜野はケルン体育大学とドイツサッカー連盟(DFB)の共同プロジェクト「チーム・ケルン」に所属し、スカウティングチームの一員として代表チームをサポートしていた。そのことで、少し日本メディアにも注目されたことがあった。

 同大会ではドイツ代表が導入していた「マッチインサイト」が、大会後に注目を集めたのを覚えているだろうか。「マッチインサイト」というのは、タッチパネル方式で選手が自由に情報を引き出すことができるもので、マッサージルーム前などの待合室に大きいモニターを2つ設置し、選手がそれを使ってコミュニケーションをしやすいようにしたという。使われ方について、浜野は以前こんなふうに語っていた。

「率先してやり始めたのが、バイエルンの選手たちだったんです。バイエルンにはすでにマッチインサイトが導入されていて、選手は使い方を知っていたんですよ。(フィリップ・)ラームとか(トーマス・)ミュラーやシュバイニー(バスティアン・シュバインシュタイガー)とかが『これ知ってる、うちのクラブにあるよ』って言って使い出して、他の選手が『これ何?』って興味を持って」

プロゾーンで活動しながら、ザンクト・パウリでの研修のチャンスを手にする

 選手間のコミュニケーションをスムーズにし、それがピッチ上でのプレー改善にもつながったと高い評価がされたため、 それを開発したSAP社とDFBとの協力がW杯優勝につながったという図式で書かれることが少なくなかった。

「実際にはサッカーのデータで手助けをしたのが、プロゾーンという分析業界大手の会社だったんです。プロゾーンとSAPの共同で作り上げられたのがマッチインサイト。SAPの冊子には、ちゃんと『プロゾーンと協力』ということは明記されています」

 アナライズ、分析がチームにとって有益になるためには、どのようなことが必要なのだろう――そう考えるきっかけを得たW杯後、浜野の次の活動場所となったのがそのプロゾーンだった。

 アジア担当コンサルティングとして所属。現場と研究の橋渡しの重要性、どのような情報がお互いに求められているか、当時のドイツ代表と分析会社の協力体制について現場で学ぶ日々を過ごした。

 2017年夏には、2部リーグのザンクト・パウリで研修を受けるチャンスを手にする。

 つながりのあった指導者のオーラフ・ヤンセンがアシスタントコーチに就任したことで連絡を取ってみたところ、すぐ翌日に「お前、明日から来れる?」と連絡があったという。所属する宮市とのコミュニケーションをより密に取るため、通訳として呼ばれたものの、宮市自身のドイツ語力はすでに十分なものがあったため、通訳らしい仕事はほとんどなかったという。

「たぶん監督は(宮市と)戦術のこととか、1対1で話し合う時にちょっと不安だからいてくれ的な感じで呼んでくれたんだと思います。でも会って宮市選手と話してみたら、『全然話せてますね!』と。もちろん英語はペラペラだし、練習の際に監督が説明しているドイツ語の内容を『これって合ってますかね?』って確認するくらいで」

 通訳としての仕事はそれでほぼおしまいになってしまったが、浜野はその後もチームへの帯同を希望し、チームも浜野の思いを理解して許可をしてくれた。1カ月間限定とはいえ、プロチームとともに動く経験は貴重なものであり、またそこで築いた人間関係が次への扉を開く役割を果たしていく。

浜野が抱く大きな目標、プロサッカーコーチライセンス獲得の夢

 ヤンセンは同シーズン冬にザンクト・パウリを解任され、次の就任先が当時4部リーグ所属のビクトリア・ケルン監督だった。ヤンセンはその時に、ザンクト・パウリからパトリック・グリュックナーという指導者をアシスタントコーチとして招聘している。浜野は自らも暮らすケルンに2人が来たことで、また連絡を取っていたが、ある時ヤンセンから「来季アナリストにお前を入れようと思うけど、どう?」という申し出を受ける。すぐに「ぜひ!」と返事をしたものの、その後しばらく連絡がなかったのだが、今度はグリュックナーのほうから「準備はできているか?」という連絡が飛び込んできた。

「なんでアシスタントコーチから?」と思っていた浜野だが、ヤンセンがブルーノ・ラッバディア監督のアシスタントコーチとしてヴォルフスブルクへ移籍することが決まったため、グリュックナーが監督に昇格していたのだ。

「グリュックナーから連絡が来る前に、実は他クラブのU-15チーフと面接もしていて。ただケルンからだと遠いし、ドアtoドアで1時間半くらいかかる。それに、そこからU-18やU-19の指導者になれるのかな、という気持ちがあったんです。あんまりイメージできなかった。ビクトリア・ケルンだと40分くらいで行けるし、金銭面などの条件も良かったというのもありましたし」

 だが、それだけが理由ではない。浜野には大きな大きな目標があった。20年以上、日本人指導者の誰も果たしたことがない夢――。それはドイツ最高峰の指導者ライセンス、プロサッカーコーチライセンスを獲得することだ。それを叶えるために、次のステップに進むためには、ビクトリア・ケルンでの挑戦に懸けることが一番の道だと決断したのだった。

(第2回へ続く)

Football ZONE web編集部