“後輩”南野は日本サッカーの鍵を握る存在と指摘

 今年1月にリバプールへ加入した日本代表MF南野拓実は、昨季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)王者である強豪クラブの一員として、世界最高峰のプレミアリーグに挑戦している。昨季までレスター・シティに所属し、プレミアの舞台で戦う難しさを知る元日本代表FW岡崎慎司は、南野がリバプールでプレーする現状を「日本サッカーが次のステップに進むべき瞬間」と強調している。英紙「イブニング・スタンダード」が報じた。

 南野は今冬の移籍市場でリバプールにとって唯一の補強となり、分厚い選手層を誇るチームで、ここまで公式戦7試合の出場にとどまっている。いまだノーゴールノーアシストと目に見える結果を残せていないが、昨季まで4年間にわたってレスターでプレーした岡崎は、「(0-2で敗れたFA杯チェルシー戦の)試合を見て、厳しい結果になったが、彼はおそらくピッチ上で存在感を示した選手の1人だった」と評価している。

「日本サッカー協会とファンは、最高のチームでプレーする日本人選手を見たがっている。数年前は、香川真司がマンチェスター・ユナイテッド、長友佑都がインテル、本田圭佑がACミランに在籍していたが、最高のレベルを示すことができなかった」

 岡崎自身は加入1年目の2015-16シーズンにプレミア制覇を達成しているが、実際のところ、レスターは世界を代表するビッグクラブとは言い難い。「今こそ、日本サッカーが次のステップに進むための、その瞬間だ。毎週のように欧州最大のクラブでプレーする選手が必要だ」と、リバプールに加入した南野が日本サッカーの発展の鍵を握っていることを強調していた。

Football ZONE web編集部