【歴代名手の“私的”技術論|No.1】山口素弘(元日本代表MF):選択するプレーが的確で洗練されていた

 山口素弘といえば、1997年9月に行われたフランス・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の韓国戦(1-2)でのループシュートだろう。ペナルティーエリアすぐ外でボールを奪い、DFをかわしながらボールをすくい上げてGKの頭上を越して決めた。時を止めるような芸術的なゴールだった。

 このゴールは山口らしいけれども、あまり点を取るほうではなく、強みは「ビジョン」だったと思う。

 フィジカルに関しては平凡だった。特別なパワーやスピードはなく、運動量も特筆されるほどではない。テクニックは韓国戦のループシュートに見られるように高度。ただ、シンプルに捌くタイプなので、それが目立つわけでもない。山口の真価は、まず周囲が見えていること。そして選択するプレーが的確で洗練されていたことだ。

 1998年フランスW杯では中田英寿、名波浩と組んで中盤の中央を構成していた。個人的には3試合で最も良いプレーをしていたのは山口だと思うが、この3人の組み合わせは魅力的だった。推進力抜群の中田、左足で精度の高いパスを供給する名波、この2人の背後でバランスを取るのが山口の役どころ。山口だから、こなせたのではないか。

 中田と名波は攻撃面で強力だったが、守備の時に守るべきポジションにいないこともあった。山口がループシュートを決めた韓国戦では、中田と名波が4-4-2のサイドハーフで、ボランチは山口と本田泰人のコンビ。中田、名波は今でいうハーフスペースへ移動して攻撃の軸になるが、奪われた時に空いているサイドを韓国に使われている。加茂周監督が掲げていた「ゾーンプレス」もプレスの意識は高いが、それが外された時のセーフティーネットがなく、結果的に中盤の第二ラインが存在していない状態だった。

 この韓国戦では1-0とリードしている場面で、呂比須ワグナーに代えて秋田豊を投入した守備固めが「弱気采配」として批判されたが、「弱気」の前に手当ての順番が違う。

 韓国の攻め手はハイクロスだった。ゴール前にチェ・ヨンスがいて、日本は空中戦で劣勢だったので秋田を入れる意味はある。ただし、その前にロングボールやハイクロスの出どころを潰すべきだった。この時点での第一防御ラインだった中田、三浦知良、名波が機能していない。

 むしろ「弱気」は、呂比須を引っ込めてカズを残したほうだろう。この試合のカズは、「手錠」と呼ばれたチェ・ヨンイルの徹底マークで身動きが取れなかった。セットプレーの守備を考えても、残すなら高さのある呂比須だったはずなのだ。日本のスターだったカズを代えられなかったことこそ、「弱気」である。

直ちに的確な解を弾き出す能力は、当時の日本人選手の中では別格

 フランスW杯では岡田武史監督が3-5-2を採用していて、山口、中田、名波の3人が中央部を担当した。このほうが攻守のバランスはいい。ただし守備戦術が古く、全体が間延びしていた。4-4-2の時よりはマシになったが、中田と名波の戻り遅れは3-5-2でも発生していた。山口がいなかったら、体裁を保てなかっただろう。

 山口はたびたび起こる1対2の局面を1対1に変えていた。パスコースを切って数的不利を解消している。その場の状況をインプットし、直ちに的確な解を弾き出す能力は、当時の日本人選手の中では別格だった。

 日本は中田、名波のようなインサイドハーフに関しては人材が豊富だ。この後も小野伸二、中村俊輔、小笠原満男、香川真司、本田圭佑など逸材を輩出し続けている。

 半面、アンカーポジションがいない。守備専門かインサイドハーフに近いプレーメーカー型はいても、ピタリとハマる選手は少ない。そのせいで、インサイドハーフの人材も使い切れていない。

 山口はプレーメーカー型に近く、後の長谷部誠と似たタイプだが、読みの鋭さで守備面でも貢献していた。周囲を見るだけで、自然と的確なポジショニングやパスワークができる。フランスW杯で、日本がもう少しコンパクトな守備戦術を導入できていれば、山口の存在はもっと際立っていたかもしれない。

Football ZONE web編集部