なでしこジャパンの主力を担う長谷川、華麗テクニックをファン称賛「女性イニエスタ」

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部の日テレ・東京ヴェルディベレーザに所属するMF長谷川唯が、公式ツイッターを更新。前回に続き華麗に縄跳びをしながらリフティングをし続ける動画をアップすると、なでしこジャパン(日本女子代表)で共闘するFW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)から“鋭い指摘”が入っている。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、なでしこリーグは3月21日に予定されていた開幕戦が延期。以降も事態の収束に目途が立たず、リーグ戦は早くて7月以降の再開が見込まれている。

 そのなかで、選手たちはSNSを通じて手洗い動画で新型コロナウイルスの感染防止を呼びかけたり、リフティング動画でサッカーの魅力を発信している。INACの岩渕が「みんなリフティング上手すぎない? 自分ひとつも技できないです」と綴ったツイートに対し、「それなそれな共感」と同調していた長谷川だが、1日にツイッターに投稿した“なわとびリフティングチャレンジ”が反響を呼んだ。

 リフティングしながら華麗なステップで縄跳びを続けているのはもちろん、その前には右足で置いてあるボールを引き寄せ、右膝に当ててバウンドさせると、左足でまたぐと同時に体を捻って軸足の裏側でボールを叩き、落ちてきたところから通常のリフティングに移行するテクニックを披露。FC東京のFW矢島輝一が「これ、凄い なんでボールが縄跳びに当たらないの?」と驚きの声を上げていた。

 それから2日後、「次はこれ リズム感なさすぎて最初どうなることかと思ったけど、完成」と綴り、早くも“第2弾”を披露した。

 前回同様、縄跳びをする前に軽快なステップからボールの周りで足を回転させる“アラウンド・ザ・ワールド”を左右回転の2度行い、リフティングをスタート。縄跳びを飛びながら計10回のリフティングを見事に成功させた。ファンからは再び「半端ないっ」「サーカスか」「世界ビックリ少女!!」「めざせ! 女性イニエスタ!!!」と称賛の声が上がったが、この動画に目を光らせたのが“リフティング苦手同盟”を結んでいた岩渕だ。

「共感!って言ってたのこのお方ですよね? できないレベルを一緒にしないでください あなたできてます笑」

 長谷川が「違うよ、これはある人から宿題出されて練習した」と“弁明”すると、岩渕は「だされて練習したら出来る人は出来る人だよ!笑 練習する気も起きないってくらいできない人が私の仲間!笑 共感禁止。笑」と、技ができないと言っていた長谷川相手に鋭く切り返した。

 浦和レッズレディースFW菅澤優衣香ら、他のなでしこジャパンの選手たちもリフティングチャレンジを行っており、さらにテクニックのバリエーションは増えていきそうだ。

Football ZONE web編集部