ダニエル・ジェームズがベイルへの敬意を語る 「素晴らしいことを成し遂げてきた」

 マンチェスター・ユナイテッドの若き新星FWダニエル・ジェームズは、ウェールズ代表のチームメイトであるFWギャレス・ベイルに尊敬の念を抱いており、自身と比較することは「馬鹿げている」と考えているという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」のインタビューで語った。

 ジェームズは下部組織時代から過ごしたスウォンジーでトップチーム昇格を果たすと、2018年に公式戦デビュー。チャンピオンシップ(英2部)で過ごした18-19シーズンは、スウォンジーで33試合4ゴールの活躍を見せて一気に評価を高めた。このパフォーマンスが多くのスカウトの目に止まり、19年夏にユナイテッドへ移籍。開幕戦でゴールを決め、ユナイテッド期待のアタッカーとして注目を集めている。

 スピードとテクニックを兼ね備えたドリブルが特徴のアタッカーは、同じくウィンガータイプで同郷のベイルと比較されることが多くなっているが、そのことについて「スカイ・スポーツ」のインタビュー内で言及。「彼がやってきたことを考えれば、比較することはできないと思うよ」と語り、ベイルへの敬意を表している。

「彼と僕を比較するのは少しやり過ぎだと思うよ。彼はUEFAチャンピオンズリーグの優勝など、素晴らしいことを成し遂げてきた。敬意を表されて然るべき選手だ。だから、比較されるのは少しばかり馬鹿げているね」

 今季、ユナイテッドですでに公式戦37試合に出場しているジェームズ。さらなる飛躍を見せることはできるのだろうか。

Football ZONE web編集部