【日本人アナリスト浜野裕樹の奮闘|第2回】狭き門のドイツS級ライセンス、2000年代以降の日本人合格者はゼロ

 海外に出て、指導者のプロとしての道を目指す若者は増えてきている。僕が暮らすドイツにもUEFAプロレベルとなるプロコーチライセンスを取ろうとやってくるが、それは非常に困難な道なのだ。

 いわゆるドイツのS級ライセンスを所得している日本人は過去に存在する。だが2000年初頭の育成改革後に、このライセンスを獲得した人はまだ1人もいない。それはプロコーチライセンスを受講するための条件が厳しくなったことが大きな理由になる。A級ライセンスまで合格できたとしても、誰でも挑戦できるわけではない。

■U-17、U-19の1部リーグに当たるユースブンデスリーガで監督を1年以上する
■3部以上のリーグでアシスタントコーチを1年以上行う
■体育大学を卒業している
■タレント育成センターで責任者として働く
■地区トレセンで専任指導者として働く

 日本人だけではなく、ドイツで指導者として上を目指すものがみんなここのポストを狙っているのだ。筆者も09年にA級ライセンス試験を突破しているが、それから10年以上チャンスはずっと遠く向こうにあるまま。非常に狭き門なのだ。

 それでも、ビクトリアケルンでアナリストとして活動している浜野裕樹は、そこへの挑戦を見据え、その可能性を高めるための道筋を探し続けている。他クラブ下部組織の監督オファーもあったが、このプロコーチライセンス条件を満たすために、ビクトリアケルンへアナリストとして入ることを決断した。

「僕にとってはU-17、U-19のユースブンデスリーガ監督が一番イメージできるポスト」ということを伝えると、浜野は微笑んだ。

「それは面白いですね。みんな『ここを突こう』みたいなのがあるじゃないですか。俺はシュトゥッツプンクト(日本でいうトレセン)から行こうかな、とも思ったりもしました。僕の場合は『体育大学を卒業している』というのでも行けるんですけど、実際のところ体育大学卒業、タレント育成センター責任者、シュトゥッツプンクト責任者の人は、あんまりいないという印象があって」

最初の“賭け”に勝利…「“いてもいい存在”くらいにはなっている」

 当時のビクトリアケルンは、それまで4部で7年もくすぶっていたが、大型スポンサーもついていて、昇格への金銭的な後押しもあった。ただ、もしあと1シーズンで結果が出なければ、その大型スポンサーも離れるかもしれない状況だったという。

 悲願の3部リーグ昇格へ意気込むビクトリアケルンに、浜野も賭けた。上手くいけば3部リーグのスタッフになれるのだ。それまでにアナリストとして認めてもらい、そしてアシスタントコーチへと役職変更をお願いできるまでの立場を築き上げることができれば、目の前の景色は一気に開けてくる――。

 そして浜野は最初の賭けに勝った。ビクトリアケルンは昨シーズン首位で優勝を果たし、見事3部リーグ昇格を果たしたのだ。今季の役職はまだアナリストのままで、すぐの個人的”昇格”とはなっていないが、そう簡単にはいかないことは本人もよく分かっている。

「監督に『たぶん指導者としては、こいつ分かってないな』って思われたらダメじゃないですか。最初は全然聞いてこないんです。『今日の練習どうだった?』とかも聞いてこないんで、俺はじっと見てたりとか、観察してました。そしてポンと聞かれた時に、気の利いたことを言う。『これはこうだと思うんだけど、どうかな?』って。で、ふとした時に『ユウキ、どこまでライセンスを持ってるの? 今まではどんなところをコーチしてたの?』と聞いてくれたりしたので、『いや、俺はまだ大人は指導してないけどライセンスはA級まであって、将来的にはやりたいと思ってるんだ』ということを話しているんです。ちょっとずつ、ですね。今はそうした場に『いてもいい存在』くらいには、なっていると思います」

 もちろん、将来的に3部リーグでアシスタントコーチに就任できたとしても、それがそのままプロコーチライセンス講習会への参加が保証されるわけではないが、それでも今まで以上に近づけることは間違いない。ライセンス講習会に参加できたら満足、日本人初で獲得できたら満足かというと、決してそういうわけでもないのだ。どのクラスのライセンスであれ、それは自分がそこに時間と金と情熱を注ぎこんだ証明書となる。だが、本当の勝負がライセンスを取ってからなのは世界の理なのだ。

「来季はアシスタントコーチにしよう」と言われるまで…

 だから大切なのは、講習会現場で何を、どのように学ぶかになる。現場では自分の世界を、価値観をどこまでも広げてくれる仲間たちと知り合える喜びがとても大きいと浜野は語る。自分をさらに成長させてくれる場所に立ちたい。その思いが、浜野の意欲をさらに高めさせていく。

「今までのライセンス講習では、自分のサッカー観を変えるほどの情熱を持った人たちと出会うことができて、非常に素晴らしかったことが記憶に残っています。ライセンスレベルが上がれば上がるほど、サッカーに熱い人たちに出会えてきたんです。だから、これがプロコーチライセンス講習会となったらどうなるんだろうというのが、すごく楽しみなんです」

 先のことは誰にも分らない。どこにどんなチャンスが転がっているかは予想することもできない。だからこそ、今できることにどのように取り組むかが大切になる。浜野は上層部から「来季はアシスタントコーチにしよう」と言われるように、毎日を全力で頑張っているのだ。

(第3回へ続く)

Football ZONE web編集部