来季を見据え、伝統の“7番”を継ぐ可能性がある4人の候補者を地元紙が選出

 イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドでは背番号7が伝統のエースナンバーとされ、かつて元北アイルランド代表FWジョージ・ベストや元フランス代表FWエリック・カントナ、近年では元イングランド代表MFデイビッド・ベッカムやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)が背負ってきた。そうしたなか、英地元紙「マンチェスター・イブニングニュース」は、7番の後継者になりうる4人の候補者を選出している。

 過去10シーズンにおける7番の系譜を見ると、ここ3シーズンはチリ代表FWアレクシス・サンチェスが背負っている。今季もサンチェスに割り当てられているが、現在インテルへレンタル移籍中のため7番は不在だ。

 さらに遡ると、オランダ代表FWメンフィス・デパイ(現リヨン/15-16、16-17)、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(現パリ・サンジェルマン/14-15)、13-14シーズンは空き番号で、エクアドル代表DFアントニオ・バレンシア(現LDUキト/12-13)、そして元イングランド代表FWマイケル・オーウェン(09-10、10-11、11-12)と続く。

 来シーズンは一体誰がこのエースナンバーを背負うのか。1人目の候補として名前が挙がっているのが、ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョだ。今夏移籍市場におけるユナイテッドのトップターゲットとされており、一部メディアでは7番のユニフォームを与えることを条件に、オファーを提示しているとも報じられる。

 次に挙げられているのが、同じく夏の移籍マーケットでの獲得が噂されるアストン・ビラのMFジャック・グリーリッシュ。本人もかつてC・ロナウドが背負った7番を着ることを夢見ているという。

ヤヌザイと似たケースが、U-18所属の有望株メイブリに起こる可能性も…

 3人目の候補は、ユナイテッドのU-18チームでプレーする17歳のフランス人MFハンニバル・メイブリ。ユナイテッドは昨年、この若手MFをモナコから500万ユーロ(約6億円)で獲得した。その事実が期待の大きさを物語っており、記事では可能性は低いとしても、かつて元ウェールズ代表FWライアン・ギグスの11番を受け継いだベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイと似たケースが、このメイブリにも起こり得ると指摘されている。

 そして4人目はユナイテッドでは本領発揮に至らず、インテルにレンタル移籍中のサンチェスだ。レンタル契約満了後の去就については不透明だが、新型コロナウイルスの影響で移籍市場が活発にならなければ、来季は再びユナイテッドでプレーする可能性は高い。そうなれば、そのまま7番を継続して着用するケースが現実的と言えるだろう。

 果たして、ユナイテッド伝統の7番を新たに背負う選手は現れるのか。戦力補強だけでなく、その動向にも注目が集まりそうだ。

Football ZONE web編集部