シーズン中断中の過ごし方や監督への思いを吐露 「ピッチの脇でやりたい思いがある」

 浦和レッズのDF槙野智章がオンラインでのTV取材に応じ、現在の新型コロナウイルスの影響で公式戦がストップしているなかでの過ごし方やサッカー選手として気を使っていること、話題になっているSNSの使用法について話した。そして、この期間には将来を見据えて指導者ライセンスのオンライン講義を受けていることも明かしている。
 
 浦和は2月に公式戦2試合を消化して連勝。その後にこうした社会情勢になったが、槙野に関しては2試合連続でベンチスタートだった。それだけに「個人的には思ってもなかったようなスタートや状況だったと思う。30歳になってから少し衰えを感じているものの、トレーニングの中で強みを発見しているのも事実。新しいシステムの中でも自分の良さをつかみながらの中断期間ではあるので、その良さの中でチームの戦術で輝けるものを出したいし、このまま終わる僕ではないと思っているので、何か違いを出していきたい」と話す。

 そうしたなかで取り組んでいることを「ここ数年、長い休みがなかったので目を背けていた部分、特に上半身の強化に努めている」と話す。一方で、「実戦形式の動き、キャンプで作り上げたものがゼロになってもおかしくないくらい落ちているので」と話すなど、やはりこうしたサッカーのできない時期に対する不安は拭えない。

 今月に33歳の誕生日を迎える槙野だけに、セカンドキャリアも少しずつ視野に入る年代だと言える。すでに「引退後に監督になりたいという目標もある」ということで、指導者のC級ライセンスまでは取得済みだが、現役期間中に取得できる最高位であるB級ライセンスの講義をオンラインで受けていると話す。そのうえで「サッカーで生きてきたので。ピッチの脇でやりたい思いがあるし、色々な監督を見てきてこうなりたい、こうしたいといういろいろなイメージや戦術もあるので、そのための準備はしておかなくてはいけない」と、その思いを話した。

「それは宇佐美選手や乾選手がやった方が良い」「ビジネストークなら本田圭佑」

 こうしたアスリートとしての表情の他に、槙野が持つのはSNSを積極的に活用したインフルエンサーの表情でもある。海外でも話題になった動画もあるなかで、同じサッカー選手の中でも槙野が自分にできる、あるいは自分だからこそできることをどう考えているのか、その一端を明かした。

「これは持論だけど、自分がどのタイプかは知らないといけないと思う。槙野がサッカーを指導するような動画は違うと思っていて、それは宇佐美(貴史)選手や乾(貴士)選手がやった方が良いと思うし、ビジネストークなら本田圭佑がやった方が面白いと思う。槙野が何をやったらと思えば、サッカー選手が少しバカをするような。そうやって見てもらって喜んでもらえればいいと思うので、そのタイプは意識してやっていますね」

 まだまだ「動画などのストックはある」と話す槙野は、テロップや音楽の編集まで入れて凝った作りにしている。もちろん、公開までには許可が必要なものもあるが、そうしたハードルを乗り越えたものに関しては今後も公開されていきそうだ。

 オンラインでの合同トレーニングもスタートしている浦和だが、そのセッション終了後には選手たち同士で近況報告をするような時間も貴重なものになっていると話す。そのなかで、サポーターに向けた企画として「チームが勝った後に歌う『We are Diamonds』を全員でパート分けして歌って届けたいと。外国籍選手もやりたいという話で、これからなんですが」と、サポーターとの距離を近づけたい思いがあることも明かした。

 アスリートとして自身の体に向き合いつつも、社会の中で槙野は「SNSの発信で多くの人にどうやったら元気や笑顔を届けられるか」も一つのテーマにしている。その存在感の大きさはこうした社会情勢の中だからこそ際立っている部分もあると言えそうだ。

Football ZONE web編集部