スペイン紙が世界中のファンを対象にアンケート実施、横浜FMが上位ランクイン

 スペイン紙「マルカ」が「世界で最も美しいサッカークラブのエンブレム」企画を実施し、世界中のサッカーファンを対象にアンケートを実施した。1400万を超える得票が集まったなか最終ランキングを発表し、Jリーグのクラブが堂々12位にランクインしている。

「最も美しいフットボールクラブのエンブレムが1400万の投票で選ばれた」と伝えたのはマルカ紙だ。「ワールドカップランキングでは、各クラブが頂点を競い合う美しいものとなり、1400万以上の投票を獲得するヒットとなった」と記し、世界中から大きな反響があったと記している。

 同紙が世界中から50クラブを厳選してアンケートを実施したなか、Jリーグのクラブで唯一食い込んだのが横浜F・マリノスだ。2万7600票を集めて12位にランクインしており、2万9700票で11位のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に肉薄。ACミラン(イタリア/22位)、アーセナル(イングランド/25位)、ドルトムント(ドイツ/29位)などの強豪クラブを横浜FMが上回った形だ。

 UEFAチャンピオンズリーグで3連覇の偉業を成し遂げたレアル・マドリード(スペイン)が4位(13万4200票)となった一方、3位にフルミネンセ(ブラジル/16万9300票)が輝いている。

 上位2クラブの票数は抜けており、アル・アハリ(エジプト)が300万票で2位となったなか、ラジャ・カハブランカ(モロッコ)が370万票で「世界で最も美しいクラブエンブレム」の称号を得た。

Football ZONE web編集部