マジョルカがオンラインで合同練習、久保がモレノ監督らと笑いを誘うやり取り披露

 日本代表MF久保建英が所属するスペイン1部マジョルカは、新型コロナウイルスの影響を受けてオンラインで合同トレーニングを行なった。クラブ公式YouTubeチャンネルが動画を公開したなか、ビセンテ・モレノ監督と久保のやり取りに注目が集まっている。

 動画では、マジョルカを率いるモレノ監督がオンライン上でスタッフとやり取りし、その後に選手たちとのオンライン合同トレーニングを開始。選手たちはランニングマシンで汗を流し、指示を受けて一斉に体幹強化メニューに取り組む様子が収録されている。そのなかで久保も登場し、モレノ監督らとスペイン語でやり取りをして笑いを誘った。

 コートジボワール人のFWラゴ・ジュニオール、スペイン人MFダニ・ロドリゲスが何やら髪型の話題で言葉を交わしていたようで、モレノ監督が「ラゴ、ダニが髪型で何か言ってた、タケ?」と振ると、久保は「(ディディエ・)ドログバだって」と返答すると、その場が笑いに包まれた。

 すぐさま指揮官が「タケ、(状況が)戻った時に君と私とで同じ髪型にしよう」と提案。すると久保は「その前に死んじゃうよ」とジョークを飛ばし、「僕は(後頭部から後ろを手で示しながら)こう髪が伸びなくて、上の方へ上がって行くだけ」と説明を加えている。

 それを聞いていたスタッフが「俺のヒゲみたいにすれば」と新たに提案。久保は「それは良いかもしれないね。モハメド・サラーみたいに」と冗談交じりに返答し、ヒゲをたくわえているリバプールのエジプト代表FWサラーの名前を挙げていた。

 コメント欄では「これが1日を明るくしてくれた」「TAKEが元気そうで何より」などの声が上がっている。オンライン上の何気ないやり取りだが、久保の順応ぶりを物語るワンシーンと言えそうだ。

Football ZONE web編集部