G大阪GK東口が公式インスタグラムで遠藤保仁のチャレンジを披露

 ガンバ大阪の日本代表GK東口順昭が公式インスタグラムを更新した。「ヤットさんのチャレンジに挑戦」と題して、動画を公開。元日本代表MF遠藤保仁が臨んだ5つのボールを一気に落として全てをキャッチするチャレンジだったが、惜しくも失敗? に終わってしまったが、最後はお茶目に締めており、ファンから反響を呼んでいる。

 東口はG大阪のジュニアユースで育ち、京都の名門・洛南高校に進学。福井工業大学から新潟経営大学に転入し、2009年にアルビレックス新潟に入団。14年からはG大阪の守護神として活躍し、三冠獲得や天皇杯2連覇に貢献した。18年にはロシア・ワールドカップ(W杯)メンバーにも選出され、今季も安定感あるセービングが期待されている。

 今季2月に行われた横浜F・マリノスとの開幕戦は2-1で勝利。9年ぶりに白星発進し、大黒柱のMF遠藤保仁がJ1最多タイとなる通算631試合出場を達成するなど幸先よいスタートを切ったが、新型コロナウイルスの影響でリーグは中断。緊急事態宣言の延長も決定し、再開は不透明な状況となっている。

 そんななか、東口は公式インスタグラムを更新。先輩の遠藤が臨んだ「ヤットチャレンジ」に挑んだ。5つのボールを同時に落とし、跳ね上がったボールをキャッチ。だが、ボールを一つずつ掴んだ遠藤に対して、東口は一気に全てのボールをキャッチしてしまった。

「ヤットさんのチャレンジに挑戦 成功!と思ったけど、グループキャッチあかんのか…」

 百戦錬磨の遠藤が提示したチャレンジはやはり難易度が高かったようで、失敗? に。動画では、最後にお茶目な笑顔を見せてポーズを決めており、浦和レッズの日本代表DF槙野智章から「最後の顔ヤバイよ?」と“ツッコミ”を受けている。ファンからも「めちゃくちゃ可愛こぶるやん」「最後あざとい」「超無邪気な笑顔で喜びましたが」と、反響を呼んだ。

Football ZONE web編集部