浦和MF柳澤紗希が24歳の誕生日を受けて貴重ショット公開、同僚FW菅澤優衣香が驚嘆

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部浦和レッズレディースに所属するMF柳澤紗希が、24歳の誕生日を迎えて自身の貴重ショットを公開すると、同僚のなでしこジャパン(日本女子代表)FW菅澤優衣香から「自ら公開処刑するやん!笑」と驚きの声が上がっている。

 柳澤は19年に早稲田大学ア式蹴球部女子部から浦和に加入。同年8月のリーグ第10節日体大FIELDS横浜戦の後半37分から途中出場して、なでしこリーグデビューを飾ると、直後の同41分に菅澤の巧みなポストプレーから華麗なミドルシュートを叩き込んだ。昨季のリーグ戦出場は、鮮烈なリーグデビュー戦弾を決めたこの1試合のみにとどまったものの、さらなる飛躍が期待されている。

 そんな柳澤が自身のツイッターを更新。「5月5日に歳をとりました」と24歳の誕生日を迎えたことを報告し、「例年とは違って家でゆっくり過ごす誕生日には違和感がありましたが沢山のお祝いに幸せ感じる素敵な1日になりました ありがとうございました!」と感謝の思いを綴っている。

 また「お礼にまともな写真だけじゃつまらないので将来が不安になる生まれたての写真を添えておきます。どーぞ」と記して、1枚の写真をアップ。自身の赤ちゃん時代の可憐ショットを届けている。

 これに反応したのが同僚FW菅澤だ。「自ら公開処刑するやん!笑 これじゃないやつ見たかったなー笑」とジョークを飛ばしつつ、「ホントおめでとだったねー直接お祝いするかどうかは気分次第笑」とメッセージを送り、次代を担うMFの誕生日を祝福していた。

Football ZONE web編集部