ソシエダも久保の獲得を計画 「ウーデゴールの後釜に久保建英を検討」

 日本代表MF久保建英は今季マジョルカに期限付き移籍し、リーガ・エスパニョーラ挑戦1年目でリーグ戦24試合3ゴールを記録している。シーズン終了後の去就は不透明な状況にあるなか、スペインメディアはレアル・ソシエダを筆頭とした久保を巡るスペイン国内の争奪戦に注目している。

 昨夏にレアル・マドリードと契約した久保は、開幕直後にマジョルカへ期限付き移籍。序盤戦はベンチスタートの試合が多くなっていたが、徐々に持ち味を発揮して計3ゴールを記録した。調子が上向いてきたタイミングで、新型コロナウイルスの影響によりシーズンが中断となってしまったが、その存在はスペインでも関心を集めている。

 一方、今季終了後の去就は不透明となっており、マジョルカとの契約延長も浮上しているなか、ソシエダへの期限付き移籍の話もしきりに取り沙汰されている。スペインメディア「FICHAJES」も、「ソシエダはウーデゴールの後釜に久保建英を検討」と見出しを打って取り上げている。

 レアルが保有元のノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールは、今季4位と躍進するソシエダの中心選手として大車輪の活躍を見せている。期限付き移籍の契約期間は2年となっているが、前倒しで今季終了後にレアルへ復帰する可能性が高まっている。

 そんななか、ウーデゴールの穴埋め役として久保の名前が挙げられている。記事では、「ノルウェー人がマドリードへの早期復帰が決定した場合、彼の立場を日本の才能が引き継ぐ可能性がある」と説明し、レアル側にとっても「久保もウーデゴールのルートに乗せることで、同様の成長を期待できる」と指摘している。

 一方、久保に興味を抱いているのはソシエダだけではなさそうだ。「ウーデゴールは、ルカ・モドリッチの進退に関するレアルの最終決定に復帰が左右される。その動向は、久保のソシエダ行きの有無に直結し、ベティスやセビージャのような、この世界最高の逸材の1人の獲得に関心を示しているリーガのクラブにも影響が及ぶことになる」と、ベティスやセビージャも久保に熱視線を送っていると主張していた。

 18歳ながらスペイン挑戦1年目で確かなインパクトを残している久保に対し、マジョルカやソシエダだけでなくベティスやセビージャも関心を示しているとなれば、来季に向けてスペイン国内の争奪戦が激化する可能性もありそうだ。

Football ZONE web編集部