歴代の名手が並んだ「“イニシャルK”チーム」 中盤のオプションとして香川も登場

 新型コロナウイルスの影響を受け、世界中でサッカーの試合が中断されている。各国メディアでは過去の名勝負を振り返ったり、独自のテーマに応じた特集が組まれたなか、英メディア「フットボール365」は名字の頭文字に「K」が入るプレミアリーグの歴代ベストイレブンを発表。日本代表選手も“オプション”として紹介されている。

 ゴールキーパーで選出されたのは、ノリッジ・シティの守護神を務めるオランダ代表GKティム・クルルで、高いPKストップ率が称賛されている。最終ラインは右から15年にわたってリーズ・ユナイテッドでプレーした元アイルランド代表DFガリー・ケリー。センターバックには、マンチェスター・シティで活躍したベルギー代表DFヴァンサン・コンパニと、トッテナムひと筋を貫いた元イングランド代表DFレドリー・キングが名を連ねた。そして左サイドバックには、FKの名手でもある元シティのセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフが滑り込んだ。

 中盤にも4人が選出されており、右サイドには1990年代のマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元ロシア代表MFアンドレイ・カンチェルスキスが選ばれた。2人のセントラルMFには、チェルシーとレスター・シティでプレミア制覇を成し遂げたフランス代表MFエンゴロ・カンテ、さらにユナイテッド黄金期を支えた“伝説の闘将”である元アイルランド代表MFロイ・キーンが入り、中央を固めている。そして左サイドには、リーズやリバプールで活躍した元オーストラリア代表MFハリー・キューウェルが選出された。

 なお、中盤のオプションとして6人の名前が挙がっており、そのうちの1人として日本代表MF香川真司が選出されている。2012-13シーズンから2年間、名門ユナイテッドの一員としてプレーし、在籍1年目にはアジア出身選手で初のハットトリックを達成。プレミア優勝も経験した。名将アレックス・ファーガソン氏が退任した2年目は不本意な成績に終わったものの、現地メディアに“オプション”として取り上げられるほどのインパクトは残したようだ。

2トップはトッテナムのストライカーコンビ

 そして2トップにはトッテナムの象徴的な存在であり、“英国”を代表する2人の名手が選出された。1人目は現在のトッテナムのエースであるイングランド代表FWハリー・ケイン。26歳ながらすでにプレミア得点王を二度獲得し、将来的には元イングランド代表FWアラン・シアラーの持つリーグ通算260得点の記録を破ることが期待されている。

 もう1人が、元アイルランド代表FWロビー・キーンだ。こちらもトッテナムでプレーした元ドイツ代表FWユルゲン・クリンスマンを差し置いて、ケインの相棒として選出された。FW陣のオプションとしては、元ナイジェリア代表FWヌワンコ・カヌ、元オランダ代表FWパトリック・クライファート、元マリ代表FWフレデリック・カヌーテ、ノルウェー代表FWジョシュア・キングと錚々たるメンバーが選ばれている。そしてこの“イニシャルK”チームを率いるのは、現リバプール監督のユルゲン・クロップが適任だろう。

「フットボール365」が選んだ「“イニシャルK”ベストイレブン」は以下のとおり。

GK
ティム・クルル(Krul)

DF
ガリー・ケリー(Kelly)
ヴァンサン・コンパニ(Kompany)
レドリー・キング(King)
アレクサンダル・コラロフ(Kolarov)

MF
アンドレイ・カンチェルスキス(Kanchelskis)
エンゴロ・カンテ(Kante)
ロイ・キーン(Keane)
ハリー・キューウェル(Kewell)

FW
ハリー・ケイン(Kane)
ロビー・キーン(Keane)

Football ZONE web編集部