ロバートソン、昨季CL準決勝でメッシの後頭部を軽く叩いたことに言及

 リバプールのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが、昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦(4-0)でバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを倒した際に同選手の頭を押したことについて、「もう絶対にやらない」と今でも後悔の念に駆られている。英公共放送「BBC」が伝えた。

 リバプールは昨季、CL準決勝でメッシ擁するバルサと対戦。アウェーでの第1戦ではメッシの大活躍もあり0-3と完敗を喫し、1週間後の第2戦に臨んだ。ここで諦めることなく4-0の快勝を収め、最終的には合計スコア4-3の大逆転劇で強敵を倒し、欧州王者への道を歩んだ。

 ただ、試合に出場していたロバートソンは、この試合のある場面を今でも悔やんでいる。それは前半にロバートソンとブラジル代表MFファビーニョがメッシを追いかけていた時のことだった。ドリブルでリバプールのペナルティーエリアに迫ったメッシに対しタックルを仕掛け、メッシは転倒。この時、ロバートソンはすぐさま立ち上がると、メッシの後頭部を軽く叩きプレーに戻った。メッシはこの直後に審判に抗議を行うもファウルは取られず。試合は続行された。

 ロバートソンは、「本当に後悔しているよ」として、次のように説明している。

「私とファビーニョはメッシを追いかけていたが、両方ともピッチに倒れたんだ。そして、私は彼(メッシ)の髪の毛を少しくしゃっとした。彼は喜んではいなかった。間違いなく、もう絶対にやらないよ。サッカー史上最高の選手に対して、失礼なことをした。あの試合では、これまで見たことがないほどロッカールームも興奮と熱狂から緊張していて、自分のなかで何が起きていたのかよく分からない」

 そして、「私の考えでは、彼は史上最高の選手」と改めてメッシに称賛の言葉を贈ったロバートソン。昨季の“非礼”を侘び、その偉大さに敬意を表していた。

Football ZONE web編集部