昨季まで鳥栖でプレーしたFWトーレスが47位に選出、各国のスター選手がずらり

 英メディア「スカイ・スポーツ」がイングランドでの「リーグ優勝経験がない選手ベスト50」のランキング企画を実施。歴代の選手の中から“無冠の帝王”を選出した。元リバプールのMFスティーブン・ジェラード(現レンジャース監督)らを抑えて1位になったのは一体どの選手か――。

 世界トップレベルの資金力と競争力を誇るプレミアリーグ。数多のスター選手がこの大舞台でプレーしてきた。

 しかし、一流選手でもリーグタイトルには手の届かなかった選手も数多く存在している。そんなリーグ戦無冠のプレーヤー50人が格付けされた。

 昨季までJ1サガン鳥栖でプレーし、現役を引退したばかりの元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス氏は全体の47位に選出。リバプールとチェルシーで計7シーズンにわたってプレミアでプレーし、チェルシーでは3つのタイトル(FAカップ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ)を獲得するもリーグ戦のタイトルには手が届かなかった。

 下位では、その他にもフランスの名手MFユーリ・ジョルカエフ氏(44位)や元ナイジェリア代表MFジェイ・ジェイ・オコチャ氏(41位)、元アイルランド代表FWロビー・キーン氏(40位)、元ブラジル代表MFジュニーニョ氏(37位)といった選手が名を連ねている。

リバプールの“悲劇のヒーロー”、ワールドカップ優勝を経験した伝説のキャプテンが上位

 上位では1部リーグで30年間タイトルから遠ざかるリバプールのエースだった元イングランド代表FWロビ・ファウラー氏(16位)、イングランドサッカー界のレジェンドの1人であるサー・スタンリー・マシューズ氏(13位)、元サウサンプトンのMFマット・ル・ティシエ(10位)、チェルシーで活躍した元イタリア代表FWジャンフランコ・ゾラ氏(9位)、そしてJ1名古屋グランパスエイトでもプレーした元イングランド代表FWギャリー・リネカー氏(10位)がランクインしている。

 そして3位はガッザの愛称で知られる元イングランド代表MFポール・ガスコイン氏。ニューカッスルやトッテナムで活躍するもリーグタイトルとは縁遠かった。

 2位はリバプールの元キャプテン、ジェラード氏。2009年と2014年にはリーグ戦2位であと一歩のところまで迫るも、わずかに手が届かず。13-14シーズン、終盤戦のチェルシー戦でスリップし、悲劇のヒーローとなったことは今もファンの間で語り草だ。

 そして1位は、イングランド代表として1964年の自国開催ワールドカップで優勝を果たした伝説のキャプテンDFボビー・ムーア氏だ。ウェストハムではFAカップやカップウィナーズカップで優勝経験のあるムーア氏だが、リーグ優勝は未踏の夢だった。

Football ZONE web編集部