冨安の市場価値はボローニャ加入時の2倍以上に

 今季ボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋は、セリエA初挑戦のシーズンに主力の座を勝ち取り、継続的に好パフォーマンスを見せている。名門ローマへの移籍が取り沙汰されているなか、イタリアメディアは「冨安には少なくとも2000万ユーロ(約23億4000万円)の価値がある」と市場価格の急騰を指摘している。

 2019年夏にベルギーのシント=トロイデンからボローニャに加入した冨安は、右サイドバック(SB)としてレギュラーの座を確保。現在は新型コロナウイルスの感染拡大によりリーグ中断となっているが、今季ここまでリーグ戦20試合に出場し、安定感のあるパフォーマンスで信頼を獲得している。

 そんななか、冨安にはローマ移籍の噂が現地メディアで取り沙汰されている。名門クラブへのステップアップが急浮上しているが、イタリアのボローニャ専門ニュースサイト「トゥットボローニャ・ウェブ」は「冨安には少なくとも2000万ユーロの価値がある」と見出しを打ち、日本人DFの市場価値が急騰していることを指摘している。

「ボローニャはボーナスを含めて800〜1000万ユーロ(約9億3000万円〜約11億7000万円)を支払ったが、売却には2000万ユーロを要求する」と、この1年で2倍以上の違約金となったと説明し、「コロナ後のサッカー界で、イタリアクラブが日本人に2000万ユーロを支払うのは困難だ」と強調した。

 セリエA初挑戦で目覚ましいパフォーマンスを披露している冨安だが、新型コロナウイルスによるリーグ中断などでサッカー界の受けたダメージは計り知れず、各クラブも利益の激減が懸念される。冨安の市場価値急騰は、ステップアップへの障害となる可能性もありそうだ。

Football ZONE web編集部