試合終盤にスペースに走り込むメンタリティーが称えられる

 フランクフルトの日本代表MF鎌田大地は現地時間5月30日、ブンデスリーガ第29節ヴォルフスブルク戦(2-1)で決勝点を記録した。チームにとって7試合ぶりの勝利に貢献し、ドイツ紙「ギーゼナー・アルゲマイネ」は手放しで称賛。「決勝点を挙げただけでなく、フランクフルトに不足していた美徳を体現し、模範となる」と称えている。

 新型コロナウイルスによる中断を経て、ブンデスリーガは5月17日に再開の日を迎えた。フランクフルトは再開後に1分2敗と苦しむなか、ヴォルフスブルク戦では鎌田と元日本代表MF長谷部が揃って先発に名を連ねている。試合は前半27分にPKで先制。一度は追い付かれたものの、後半40分に鎌田が決勝点を挙げ、勝ち点3を手にした。

 この結果、フランクフルトは消化試合が少ないなかで勝ち点32の12に浮上。同じく消化試合が「1」少ない降格圏の17位ブレーメンとは勝ち点6差となった。この勝利を演出した鎌田について、「ギーゼナー・アルゲマイネ」は「決勝点を挙げただけではなく、フランクフルトに不足していた美徳を体現し、模範となる選手だ」と称賛。試合終盤にスペースに走り込んで決めた決勝弾に言及している。

「彼はボールが来ることに確信は持っていなかった。しかし、あのプレーはまさにサッカーの指導者が選手たちに実践してほしいものだ。たとえ疲労困憊だったとしてもフリーランを続ければ、この土曜日の午後のようなことが起こるのだから」

 可能性に懸けて走り切り、1点の攻防を制する。サッカーの原点とも言える部分を徹底した鎌田のメンタリティーは、感銘を与えたようだ。同紙は「ニッポンからやってきた男は、フランクフルトの双肩にのしかかっていた重圧を振り払った」とも綴っており、残留争いに巻き込まれていたチームにとって値千金の一撃だったことは間違いない。

 今季はレギュラーとしてシーズンを戦い続け、ここに来て評価をさらに高めつつある鎌田。残り7試合でのプレーにも注目したい。

Football ZONE web編集部