期限付き移籍中の4選手と例外的な“契約延長”となる可能性

 すでに再開したドイツ・ブンデスリーガをはじめ、スペインのリーガ・エスパニョーラなども6月の公式戦再開を目指して動き出している。試合が問題なく開催されるかに焦点が当たる一方で、各クラブが頭を悩ませるのは、期限付き移籍選手に対する報酬面の処遇だ。

 スペイン紙「マルカ」が伝えるところによると、特に難しいかじ取りを求められるのは現在リーガ首位のバルセロナだという。今季バルサはブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(バイエルン・ミュンヘン)、MFカルレス・アレーニャ(ベティス)、MFラフィーニャ(セルタ)、DFジャン・クレール・トディボ(シャルケ)の4人をローン移籍の形で送り出している。

 しかし、従来の契約終了日である6月30日までに公式戦全日程を終えられないことは確定しており、なおかつコウチーニョが所属するバイエルンの場合は8月に集中開催予定のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を勝ち進んでいることもあり、1〜2カ月間の例外的な“契約延長”が必要となる。この延長期間に対して、従来ならバルサ側は給与の支払い義務が発生し得る。

 コウチーニョの給与2カ月分となると約500万ユーロ(約6億円)、4選手総額だと800万ユーロ(約10億円)に達する可能性がある。コロナ禍において無観客試合が続くなど、経営にダメージがあるなかでの“追い打ち”となる。

 この金銭面の調整についてはUEFA並びにリーグ側が対処しているものの、正式な決定は出ていない。ピッチ内外で今までにない問題が噴出するサッカー界だが、バルサはいかにしてこの危機を乗り切っていくのだろうか。

Football ZONE web編集部