ジャマイカ人の父を持つ日本代表FW鈴木武蔵がインスタグラムで人種差別問題に言及

 アメリカ・ミネアポリスで現地時間5月25日、アフリカ系アメリカ人ジョージ・フロイド氏が白人警官に手錠で拘束された際、無抵抗だったにもかかわらず膝で首を圧迫され続け、のちに死亡する事件が発生した。これが新たな人種差別問題の火種となり、全米各地で大規模な抗議デモに発展して大きな社会問題と化しており、テニス界の大坂なおみや錦織圭、野球の大谷翔平がSNSに黒一色の画像を投稿して抗議の意思を表明しているが、ジャマイカ人の父を持つサッカー日本代表FW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)が3日、自身の公式インスタグラムで思いを綴った。

「最近人種差別のニュースをよく目にする」

 鈴木はインスタグラムで、このように切り出し、アメリカで起こった黒人男性の死亡事件を発端に表面化した人種差別問題に持論を展開した。

「この問題ってめちゃくちゃ難しくて、人種差別を無くしたいとも思うけど僕は無くならないかも知れないとも思ってる。これは恐らく自分が幼少期に受けてきた事が影響してるのかもしれない。多くの人が優しさに満ち溢れてる世の中だけど、全ての人がそうではない。でも人種が違うだけで命を落としたり貧しい思いをするのは違う。色や外見で判断しないで中身を見よう」

 過去の経験から、人種差別をなくしたくても、完全にはなくならないかもしれないという複雑な胸中を吐露。人種で判断することなく、中身を見てほしいと訴えた。

「人種差別だけではなく色々な差別が世界中で少しでも無くなりますように」

 2019年にツイッター上で人種差別的な投稿の対象となった過去を持つ鈴木は、差別のない世の中を切に望んでいた。

Football ZONE web編集部