リバプールDFアーノルドとレアルDFラモスの直接FK弾に脚光 「ほぼ同じ距離で同じ位置」

 プレミアリーグとリーガ・エスパニョーラは現地時間24日に第31節を開催し、リバプールはクリスタル・パレスに4-0、レアル・マドリードはマジョルカに2-0で勝利を収めた。両チームはそれぞれの試合において、フリーキッカーを務めるトップクラスのディフェンダーが完璧な直接FK弾を決めており、海外メディアは「どちらを最高のテクニックと定義する?」と見出しを打ち注目している。

 現地時間25日に行われたプレミア第31節で2位マンチェスター・シティが敗れ30年ぶりのリーグ制覇を決めたリバプール。24日に行われたクリスタル・パレス戦の前半23分、ペナルティーエリア手前でFKを獲得すると、キッカーを務めたイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが鋭いコントロールショットをゴール右上に叩き込み、先制点を奪取した。

 一方、前節に首位に浮上したレアルはホームでマジョルカと対戦。1-0で迎えた後半11分、ペナルティーエリア手前でFKを獲得し、キッカーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが壁を超える完璧な軌道でゴール左上に流し込んだ。

 アーノルドとラモスはDFながらチームのフリーキッカーを任されており、世界屈指のキック精度を誇っている。そんななか、グアテマラ紙「Prensa Libre」は「どちらが最高のテクニックと定義する?」と見出しを打ち、「2人のディフェンダーによる絶妙な一撃がネットでトレンド入りとなったが、どちらが最高のテクニック?」と取り上げている。

 記事では「どちらもほぼ同じ距離で同じ位置からのFKだった。双方異なる地で決められたものだが、2ゴールとも宝石だった」とワールドクラスの直接FK弾だったと指摘している。DFながらフリーキッカーを務めているという共通点があるアーノルドとラモスだが、その正確無比なキック精度も通ずるものがあるようだ。

Football ZONE web編集部