今季プレミアを独走したライバルの戦いぶりを称賛 「彼らはチャンピオンに相応しい」

 英プレミアリーグの2019-20シーズンは現地時間25日の試合で2位マンチェスター・シティがチェルシーに1-2で敗れたため、首位リバプールの30年ぶりとなる優勝が決まった。3連覇を逃したシティのジョゼップ・グアルディオラ監督は「リバプールと同じパッションがなかった」と今シーズンの戦いを振り返った。英地元紙「マンチェスター・イブニングニュース」が報じている。

 2017-18、18-19シーズンとリーグ連覇を果たし、国内で圧倒的な強さを示していたシティだが、今季はリバプールと立場が逆転。リバプールが31節までに勝ち点を86に伸ばした一方で、チェルシーに敗れたシティは同63で足踏み。残り7試合での逆転が不可能となった。リバプールは1989-90シーズン以来30年ぶりに1部リーグを制覇。1992年からスタートしたプレミアリーグでは初優勝となった。

 シティを率いるグアルディオラ監督は「リバプールのファン、監督、そして選手たちを祝福したい。彼らはチャンピオンに相応しい」とライバルの戦いぶりを称え、「リバプールは勝ち点を取りこぼさなかった。我々は来シーズン再び安定性を取り戻し、今季落とした勝ち点も取り戻さなければならない」とリベンジを誓った。

 シティが2017-18シーズンに勝ち点100を達成してリーグ制覇を成し遂げた際には、4位だったリバプールに勝ち点で25もの差をつけていたが、今季は反対に20ポイント以上の差を付けられた。

 この結果にグアルディオラ監督は「タイトルを勝ち取った後で(リバプールと)同じパッションを持つことができなかった」と、指揮4シーズン目となった今季はモチベーションの差が結果を分けたと振り返っている。

 すでに来季の残留も明言しているグアルディオラ監督。契約最終年となる来シーズンはリーグタイトル奪還を果たすことができるのか。ペップ・シティの逆襲に注目だ。

Football ZONE web編集部