【橋本英郎インタビュー|後編】2016年のJ3長野移籍で取っ払ったカテゴリーへの“先入観”

 3月のスタートを予定していたJ3リーグが、いよいよ開幕の時を迎える。新型コロナウイルスの影響により、無観客の“リモートマッチ”での開催となるが、サッカーのある日常が戻ってくることに心躍らせる人は多いはずだ。

 リーグ再開を前に、Football ZONE webも参加している「DAZN Jリーグ推進委員会」では、J1からJ3までの全56クラブを対象に「THIS IS MY CLUB – FOR RESTART WITH LOVE -」と題したインタビュー企画を実施。Jリーグ元年を迎えるFC今治からは、チーム最年長の元日本代表MF橋本英郎に登場してもらい、「サッカーの街:今治」が秘める可能性、そしてプロ23年目のシーズンに懸ける思いを訊いた。

   ◇   ◇   ◇

 2019年1月、橋本はJ2東京ヴェルディから当時4部相当のJFLに所属していた今治への完全移籍が決まった。ガンバ大阪の黄金期を支えた元日本代表MFは、当時39歳で未知なる世界へ飛び込む決断を下した。「やりがいを見つけたい」――。2025年に目指す姿として「常時J1で優勝争いをするとともにACL優勝を狙う」と掲げるクラブビジョンに共鳴した結果だった。

「(今治に行く時、クラブを)昇格させていくことしか考えていませんでした。自分の年齢的な問題を踏まえながら、カテゴリーを上げるなかで自分のやりがいを見つけたい、と。4部のJFLに行く選択をして、今年J3に上がれましたけど、J2から行ったので、J2に戻れるなら戻りたいという思いもあります」

 橋本はJリーグ通算432試合に出場し、日本代表としても国際Aマッチ15試合でプレーした実績を誇る。トップリーグのさらに上の舞台に立っているだけに、JFL行きに迷いはなかったのか。2016年、J2だったセレッソ大阪からJ3のAC長野パルセイロへ期限付き移籍した経験を引き合いに出し、当時の胸中を明かす。

「ガンバ、ヴィッセル(神戸)、セレッソ(大阪)でプレーしてきたなかで、長野パルセイロ移籍の際にJ2の上位クラブから下位チームをすっ飛ばしてJ3へ行ったので、限界値というか(カテゴリーが下がることへの)感覚的なものは取っ払いました。だから、ヴェルディから今治へ行く際も、リーグの壁はありますけど、チームのビジョンを見て選びました。

 正直、難しい選択です。実績があるからこそ、その道を選ばない選手もいると思います。ただ、僕は違う世界を見たいという思いと、サッカーをするのが好きなので、自分が挑戦できる環境のチームには行きたいなと。長野パルセイロもJ3でしんどかったですけど、昇格争いで踏ん張りながら戦えましたし、地域密着でこれだけ愛されるチームがあるんだなと感じました。今治に来るうえで長野に行った経験はすごく生きましたね」

「もっと高いレベルで戦わないといけないという感覚を持ってチャレンジしていきたい」

 橋本にとって愛媛県は妻の故郷であり、クラブの岡田武史会長は大阪府立天王寺高の先輩とゆかりがあり、今治の地に導かれた。人口約15万人ながら、“サッカーの街”として今治には大きな可能性を感じるという。

「JFLの段階でお客さんが4000人以上入って、5000人満員になるポテンシャルのあるチーム。街で声をかけて頂いたり、応援してもらっているんだと力を感じますし、新スタジアムの建設、地域密着の浸透も順調に進んでいます。地方都市の松本山雅が成功した例もあるので、今治も人口は少ないかもしれませんが、J3、J2、J1と上がっていってスタジアムも大きくなれば、同様の可能性を秘めていると思います」

 ただ、岡田会長の存在が大きい分、チームの報道に関して自分たちの想像を超えたものも多いと橋本は胸中を明かす。

「存在が大きいからこそ、良い部分と悪い部分があると思います。注目してもらえる反面、チームとして動いているにもかかわらず、岡田さんの話がたくさん出てくる。これはヴィッセルも同じ傾向があると思います。楽天の三木谷(浩史会長)さんという存在がいて、チームと違うところで話題になる。チームの結果を岡田さんと直結させたり、そういう影響も考えると両面あるかなと。選手も慣れてきているので、そんなに気にしていないと思いますし、どちらかと言うと、監督やコーチのほうがプレッシャーは大きい気がします」

 移籍1年目の昨季はシーズン序盤に故障もあり、JFLで20試合1得点にとどまった。新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛に伴い、アプローチを変えてヨガに取り組む時間が増えたという橋本。今年5月に41歳を迎えたが、最年長としてチームを引っ張っていく強い意志を覗かせる。

「シーズン開幕直後はチャレンジの感覚が強いと思いますけど、勝ったり負けたりしてリーグに慣れてきて、『J3はこんなもんか』と勘違いしないようにしないといけない。僕は昇格を目指したいので、J3で通用するからいいじゃなくて、J2に上がるためにはもっと高いレベルで戦わないといけないという感覚を持ってチャレンジをしていきたいです。

 今後のキャリアは……そうですね。引退するタイミングは、正直どういう形が綺麗か見えないまま、今の年齢までやってしまっています(笑)。ゴール地点を上手く設けたいようで設けられていないのが現状です。とりあえず今の時間が限られたものだとは感じているので、そこをいかに楽しんで全力を尽くせるかを重視したいな、と。その先にいろんなゴールがあると思っています」

 プロ23年目、橋本は今治とともにJ3の舞台を全力疾走する覚悟だ。

※取材はビデオ会議アプリ「Zoom」を使用して実施。

[PROFILE]
橋本英郎(はしもと・ひでお)

1979年5月21日生まれ。大阪府出身。173センチ・68キロ。大阪スポーツマンクラブ―G大阪ジュニアユース―G大阪ユース―G大阪―神戸―C大阪―長野―東京V―今治。J1通算339試合・19得点、J2通算80試合・1得点、J3通算19試合・1得点。日本代表通算15試合0得点。卓越した戦術眼と的確なポジショニングで攻守のバランスを整える中盤のコネクター。2019年に今治へ移籍し、経験豊富な最年長として“Jリーグ元年”のチームを牽引する。

Football ZONE web編集部