【矢野将文社長インタビュー|前編】ついにたどり着いたJの舞台 新チームの見どころは「躍動感」

 3月のスタートを予定していたJ3リーグが、いよいよ開幕の時を迎える。新型コロナウイルスの影響により、無観客の“リモートマッチ”での開催となるが、サッカーのある日常が戻ってくることに心躍らせる人は多いはずだ。

 再開を前に、Football ZONE webも参加している「DAZN Jリーグ推進委員会」では、J1からJ3までの全56クラブを対象に「THIS IS MY CLUB – FOR RESTART WITH LOVE -」と題したインタビュー企画を実施。FC今治からは、岡田武史会長を支えてきた矢野将文社長に登場してもらい、愛するクラブやJリーグ初挑戦への思いを語ってもらった。

   ◇   ◇   ◇

 1976年に大西サッカークラブとして創設され、2012年に現在の名称となったFC今治が大きな変化の時を迎えたのが2014年11月。元日本代表監督の岡田会長がオーナーに就任し、5年半で四国リーグ、JFL、J3とカテゴリーを上げ、2020年からJリーグクラブとして第一歩を踏み出す。

 愛媛は四国の他県同様に野球が盛んな地域だが、過去には元日本代表MF福西崇史、日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)、日本代表MF鎌田大地らを輩出。岡田会長が掲げる理念に共鳴した人材が集い、現チームにはDF駒野友一やMF橋本英郎という日本代表経験者も所属するなど、今治のサッカー熱は年々高まっている。愛媛県出身で、自身も若き日はサッカーに打ち込んでいた矢野社長も、J3昇格に伴う期待の大きさを感じるという。

「愛媛県は1989年度、南宇和高校が高校サッカー選手権で四国勢初の優勝を飾りました。野球の街に、団塊ジュニア世代(1971〜74年生まれ)から徐々にサッカー人口が増えて、県全体の人口140万人の中にJリーグクラブが二つ(FC今治、愛媛FC)というのは(人口規模が)一番少ないと思います。これまでサッカーチームがなかった東予地方に、『Jリーグクラブ:FC今治』が誕生して、今後楽しみにして頂けると思います」

 チーム編成に目を移せば、今治はJリーグ初経験の選手も少なくない。スペイン人のリュイス・プラナグマ・ラモス新監督の下でどのようなサッカーを展開するか、昇格初年度の大きなポイントになるが、矢野社長は「躍動感」を見どころの一つに挙げる。

「多くの選手がようやくJリーガーになったということで、喜びを爆発させて躍動感ある戦いを見せてくれると思います。そして、情熱的なリュイス監督が岡田氏らの意見を聞きながら、非常に上手くチームを作ってくれています。サッカーの特長はハードワーク。昨年に小野(剛)監督の下で磨いた守備をベースに、練習試合でも前線からプレッシャーをかけていますし、落ち着かせるところは落ち着かせる、戻すところは戻すと攻守の切り替えにメリハリがあります。監督と選手の一体感がうちのチームの面白いところです」

新スタジアム竣工を2022年1月に控え、スタジアム・ビジネスの確立が経営面の課題

 2017年夏に完成し、本拠地とする「ありがとうサービス.夢スタジアム®」はJ3クラブライセンス基準の収容人数5000人。J1基準を満たす1万5000人規模のスタジアムを建設する案が19年11月に示され、今年1月の新体制発表会で概要詳細が発表されるなど、22年1月の竣工予定に向けて経営面でも重要なシーズンとなる。

「FC今治はまだJ2対応のスタジアムが地元にありません。2019年12月に新スタジアム建設用地を無償でお貸し頂くことが議決され、経営として回るスタジアム・ビジネスを確立するのが目下のミッションです。新型コロナウイルスの影響による入場料収入減、パートナー(スポンサー)に来年も同じ金額で契約していただけるか不安もたくさんありますが、今年、来年は着工に向けた資金調達を含めて様々な経営面の課題を解決していかないといけません。

 私たちはまだ駆け出しで、昨年の平均来場者数は3100人台でした。J3にはそれ以上のクラブがたくさんありますので、もっと来場して頂いてJ2への道を作っていく必要があります。今治市民の皆様に『自分たちの街にJリーグクラブができた』と喜んで頂いているなかで、今治の東側に位置する西条市、新居浜市、四国中央市の皆様からも大きな期待を受けていて、トップパートナー契約を結んでユニフォームの胸部分にロゴを入れさせて頂いている『ユニ・チャーム』様は、もともと創業が四国中央市なんです。人口14〜15万人の今治を含めて、東予4市の約50万人の皆様には『自分の街のチーム』と思って頂ければと考えています」

 いわゆる“地方クラブ”としては、熱狂的なファンを持つ松本山雅FCを参考にしつつ、スペインの名門バルセロナのようにサッカー文化をさらに根付かせていきたいと、矢野社長はビジョンを語る。

「私個人としては、圧倒的なサッカー文化を醸成しているFCバルセロナさんの『More than a club(クラブ以上の存在)』という考え方には感銘を受けました。日本国内では、情熱的なファンによって平均来場者数が多い松本山雅さんは素晴らしいと思います。松本市は人口24万人、安曇野市など周辺人口を含めても36万人で平均来場者数が約1万8000人、つまり総人口の5%が平均して来場しているわけです。今治だけ考えると、人口15万人として5%で7500人。周辺人口50万人まで広げて考えれば可能な数字かもしれませんが、平均1万8000人となるとまだ私はイメージができていません。松本山雅さんのスタジアムに行った際に本当にびっくりしました。老若男女が試合に向けて盛り上がっていくあの感覚は、日本の地方クラブでもできるんだという点で参考にさせて頂きたいと思います」

2025年に「常時J1で優勝争いをするとともにACL優勝を狙う」目標に向け新ステージへ

 愛媛県内の高校から東京大学へ進学し、卒業後は米金融大手ゴールドマン・サックス証券で営業マンとして働いた経験を持つ矢野社長。岡田会長の就任と同時に、未経験のサッカークラブ運営に携わってきたこの5年半は、「早いも早い、あっという間です」と笑う。

「私は大変だったことは全部忘れる性格なので、しんどかったとはまったく思いません。素晴らしいご縁を頂いて駆け抜けてきた5年半でした。前職は朝6時には会社に行って、夜遅くまで頑張り、場合によってはお客様と会食をしてと、一日中ずっと働いている生き方でした。今は朝6時に会社に行くことはありませんが、起きた瞬間から社内の皆さんが書き込んでくれた内容をチェックしたり、岡田氏とのやり取りが始まって、起きている間ずっと仕事のことを考えています。そこにチームを昇格させる、スタジアムを建てるというミッションが加わり、『リアルサカつくですね』とも言われました。中高大とサッカーにお世話になった自分としては、こういう役職をさせて頂いていることに感謝しています。本当に楽しいですね」

 5部相当の四国リーグから一つずつカテゴリーを上げ、念願のJリーグのステージにたどり着いた今治だが、これはあくまで新章のスタートに過ぎない。今治は「2025年に目指す姿」として、「常時J1で優勝争いをするとともにACL優勝を狙う」と目標を掲げている。

「(6月27日の)Jリーグ開幕戦は、FC今治にとって一度きりのイベントです。クラブ創設者から始まって、選手やコーチ、ファン・サポーターの皆様、パートナーの皆様に支えて頂いて、ようやくJリーグの開幕を迎えられます。関わって頂いた皆様に改めて感謝したいです。それと同時に、これはまだ途中、いやむしろスタートかもしれません。今年のキャッチフレーズには『新たな航海へ』を掲げています。これまでの5年半はJリーグという大きな海に向かって挑戦してきましたが、ここからはある意味で世界を見据えた話になる。私たちは『水軍の末裔が世界に向かって大海原に打って出る』をコンセプトにブランディングしてきました。ファンの皆様、パートナーの皆様、すべての関係者の皆様と世界に打って出るひと漕ぎを始めたいと思います」

「リアルサカつく」を地で行く今治が踏み出す、歴史的な一歩は大いに注目を集めるだろう。

※取材はビデオ会議アプリ「Zoom」を使用して実施。

Football ZONE web編集部