1992-93シーズン以降の決勝戦で生まれた全ゴール動画をCL公式インスタグラムが公開

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)は前身のヨーロピアン・カップから大会名称が大きく変更された1992年以降、延べ27シーズンにわたって激闘が繰り広げられてきた。新型コロナウイルスの感染拡大により3月中旬から中断されていた今季のCLは8月に再開し、準々決勝から決勝まではポルトガルのリスボンで集中開催することが決定。欧州各国リーグに続き、ようやく再開への目途が立ったなか、CL公式インスタグラムでは92-93シーズン以降の決勝戦で生まれた全ゴールを、約8分間の動画として公開している。

 欧州のクラブ王者を決めるCLは、1955年に前身のヨーロピアン・カップとしてスタート。その後、92-93シーズンからは大会の正式名称がヨーロッパチャンピオンズリーグとなり、96-97シーズンより現在の名称(UEFAチャンピオンズリーグ)を使用している。数々の激闘が繰り広げられてきた大会において、歴代優勝回数でトップに立つのはレアル・マドリード(13回)。92-93シーズン以降に限ってもレアルは7回で最多優勝回数を誇っており、欧州内での強さを顕示している。

 そのレアルも勝ち残っている今季のCLはコロナ禍により一時中断していたものの、延期されていた決勝トーナメント1回戦・セカンドレグからの再開(8月7・8日/会場未定)が決定。準々決勝以降はポルトガルのリスボンで集中開催されることも決まったなか、CL公式インスタグラムでは92-93シーズン以降の決勝戦で生まれた全ゴールを公開している。

 動画は92-93シーズン覇者マルセイユのDFバジール・ボリが奪った決勝ゴールから始まり、96-97シーズン覇者ドルトムントのDFラース・リッケンがユベントス相手に決めた見事なループシュート、98-99シーズン決勝でマンチェスター・ユナイテッドのFWオレ・グンナー・スールシャールが奪った劇的逆転ゴール、01-02シーズン覇者レアルのMFジネディーヌ・ジダンが決めた伝説のボレーシュート、同じくレアルが覇者となった17-18シーズンの決勝でFWギャレス・ベイルが決めたバイシクルボレー弾など、ファンの記憶に残る名シーンがゴールとともに蘇る内容になっている。

 このゴール集に対する反響は大きく、92-93シーズン以降のCL決勝で生まれたゴールに対して「ジダンのボレーシュートがCL決勝で最高のゴールだ」「ベイルが一番。ジダンのゴールは2番目」「2017年のマンジュキッチ」「サラーのペナルティキックだ。完璧だった」などの意見がコメント欄に寄せられている。8月に決勝が行われる今季のCLでは、果たしてどんなゴールが生まれるだろうか。

Football ZONE web編集部