バルセロナはセルタ相手に2-2の痛恨ドロー メッシはFK対策を逆手に取る華麗なアシストを演出

 バルセロナは現地時間27日、リーガ・エスパニョーラ第32節でセルタと対戦し、敵地で2-2と引き分けた。16位のチームを相手に痛恨のドローとなったが、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがセルタの“FK対策”を逆手に取る華麗なアシストに英メディアは「天才的なアシストを生み出した」と脱帽している。

 リーグ中断前までは首位を走っていたバルセロナだが、再開後は第30節セビージャ戦を0-0で引き分けたことで、宿敵レアル・マドリードに首位の座を明け渡していた。終盤戦で取りこぼしが許されない状況だったが、セルタ戦では2点のリードを得ながらも終了間際に追いつかれ、痛恨のドローに終わった。

 一方、英メディアは前半20分の先制点の場面に注目している。ペナルティーエリア手前でFKを獲得し、メッシがボールをセット。その際、セルタの守備陣は壁3枚に加え、ゴールポストの左右に1人ずつ選手を置く“メッシFW対策”を施してきた。左足を振り抜いたメッシはゴールではなく、FK対策によってフリーとなったウルグアイ代表FWルイス・スアレスの頭に合わせ、ネットを揺らした。

 “メッシFW対策”を逆手に取った華麗なアシストに英メディア「スポーツ・バイブル」は「メッシがセルタ戦で天才的なアシストを生み出した」と見出しを打ち、「メッシがセンセーショナルなアシストによる完全なサプライズでセルタの選手たちを出し抜いた」と取り上げている。

 ゴールラインに2人配置したことにより、21メートルの近距離にもかかわらず、マークが手薄になったスアレスを使うという選択に対して「対戦相手を騙してみせた」と脱帽している。試合には勝てなかったことでリーガ連覇には黄色信号が灯っているが、メッシ自身はさすがのスーパープレーを見せつけていた。

Football ZONE web編集部