イタリア1部ボローニャに所属する冨安の去就に現地メディア注目「交渉開始の可能性」

 イタリア1部ボローニャの日本代表DF冨安健洋は、22日のユベントス戦でポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらとマッチアップし、互角の攻防を見せて高い評価を得た。そんな冨安にミラン移籍の可能性が浮上しているようだ。「ミラン、本田に続くもう1人の日本人」「交渉開始の可能性がある」とミラン専門サイト「milanlive.it」が報じた。

 21歳の冨安は2015年から17年までアビスパ福岡でプレーし、2018年1月からベルギー1部シント=トロイデンに移籍。そして2019年夏にボローニャへとステップアップを遂げると、右サイドバックの主力として今季リーグ戦21試合に出場している。

 記事では「ミラン、本田に続くもう1人の日本人」と特集。かつてミランで10番を背負い、14年から17年まで在籍した日本代表MF本田圭佑(現ボタフォゴ)に続く日本人プレーヤーとして注目を寄せており、「ミランは冨安健洋を連れてくるために、ボローニャと交渉開始の可能性がある」と伝えた。

 ミランはリヨンから20歳のDFピエール・カルルを獲得したなか、「ミランはピエール・カルルにとどまらない。ロッソネリは新たに右サイドバックを獲得し、サイドを強化したいと考えている」と触れている。

 現在のミランにはU-23イタリア代表DFダヴィデ・カラブリアが所属し、今季リーグ戦で16試合に出場しているが、評価は決して高くないようだ。「かなりネガティブなシーズンとなって期待を裏切り、市場に出されるだろう。ここ数週間、ボローニャを中心に、彼の名前がリストアップされている」と、冨安が所属するボローニャが興味を示しているという。

侮れない要因とは? 富安は「ミランに見合うものをもっており…」 

 ミランは富安、ボローニャはカラブリアの獲得を狙うなか、「ミランは売却に1500万ユーロ(約18億円)に近い金額を求めている。カラブリアをボローニャに迎える道がある。その一つが冨安だ」と指摘し、トレードの可能性を示唆している。

「日本人選手はセリエA1年目で驚きを提供し、ローマを含む複数のクラブの目に留まった。1998年生まれの逸材はミランに見合うものを持っており、最終ラインのいずれの役割もこなすことができる。カラブリアほどではないものの、その評価は注目に値する」

 進境著しい冨安は日本代表で主力クラスへと変貌を遂げ、イタリアでも日に日に評価を高めている。その実力はすでに証明しており、「ミランはアジアでも高い人気があり、冨安の獲得はそれを一層拡大させるだろう。決して侮れない要因でもある」とマーケティング面での好影響も指摘している。果たして、冨安のミラン移籍は実現するのか。今後の動向に注目が集まる。

Football ZONE web編集部