8月にCLを控えるなか、練習を再開させて軽快なボール捌きを披露

 パリ・サンジェルマン(PSG)はリーグ・アンのシーズン打ち切りにより、リーグ3連覇を決めた。現在は8月にリスボンで集中開催されるUEFAチャンピオンズリーグに向けて調整中だが、ブラジル代表FWネイマールが切れのある動きを見せ、注目を集めている。

 PSGはフランス代表FWキリアン・ムバッペがリーグ1位タイの18ゴール、ネイマールが13ゴール、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが12ゴールを挙げるなど、リーグトップの75得点で首位を快走。2位マルセイユに勝ち点12差をつけていたなか、新型コロナウイルスによるシーズン中断が決まり、3年連続の優勝を飾った。

 CLで準々決勝進出を果たしており、8月に向けて調整を続けるなか、ネイマールが練習で見せたテクニックが注目を浴びた。

 ネイマールは右足裏でボールを移動させながら、左足甲に当てて浮かせると、右足でボールを大きく蹴り上げて人型のダミー人形の上を鮮やかに抜き、落ちてきたところを左足のダイレクトボレーで締めくくった。

 フランス紙「レキップ」は、「ネイマールがテクニックに磨きをかける」と見出しを打ち、「PSGのブラジル人スターがトレーニングに戻り、美しい技術的なテクニックを披露」と報じている。

 また、ネイマールのインスタグラムには、元総合格闘家ホドリゴ・ノゲイラが「ビーストすぎる」と反応し、ファンからも「魔法か?」「これは好きだな」「誰が止められるんだ?」と声が上がっていた。

 今年3月を最後に公式戦から遠ざかっているが、CLでもネイマールのプレーに期待が懸かる。

Football ZONE web編集部