前指揮官から“東京Vのメッシ”とも呼ばれた井上、町田戦で攪乱作戦の中心を担う

 井上潮音は、試合に飢えていた。

 2016年に東京ヴェルディのトップチームに昇格してプロになってから、開幕戦はすべてベンチ入りしてきた。しかし今年、開幕の徳島ヴォルティス戦は遠征メンバーから外れ、半年以上も公式戦から遠ざかることになってしまった。

 東京Vがプレーオフに出場できなかった昨季は11月半ばでシーズンを終え、出場が有望視されていた東京五輪を目指す年代別代表にも18年以来呼ばれていない。かつてミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(現セレッソ大阪)が「我々のメッシ」と呼び、緑の名門を背負って立つ存在になるはずだったが、藤本寛也、森田晃樹、山本理仁、藤田譲瑠チマら下の世代の突き上げもあり、チーム内でのポジション争いに埋もれることもしばしばだ。

「長い時間、試合に出たい。そのためには試合で存在感を発揮できるようにしないと」

 J2リーグ再開の東京クラシック、FC町田ゼルビア戦。井上の名前はスターティングメンバーの最後にあった。なぜか11人中唯一のFW登録。これは当の井上が「違うのにな」と苦笑していたように、永井秀樹監督による撹乱作戦だった。

 キックオフの笛が吹かれると、緑の20番は中盤の底に移動し、藤田とダブルボランチを組む。東京Vはこの試合、守備時は4-4-2でセットし、攻撃時は3バック+2ボランチでビルドアップを図ったが、井上にはさらに「ハーフウェーラインを越えたら、前の5枚にボールが入ったあとのサポート役」というタスクが与えられていた。

「去年、一昨年くらいから、やっぱり個人としての怖さがないといけないと感じていました。チームの力になるためにも、相手にとって怖いプレーを増やさなければいけない」

存在感を存分に発揮も…結果には満足せず「数字を残せれば、もう一つ上のレベルに行ける」

 開始3分で早々に失点を喫した東京Vは、自陣に引いた町田に対して一方的にボールを支配するが、そのなかで井上は出色のパフォーマンスを見せる。前半9分、ペナルティーエリア内に走り込んだ小池純輝にスルーパスを通してシュートを引き出す。同18分、ドリブルでペナルティーエリア内をえぐってクロスを試み、CKをゲット。同22分にはボールを持ちながら引いてきた井出遥也と入れ替わって前線に進出し、端戸仁のフリックを受けて強烈なミドルシュートを放った。

 指揮官が「もう1人のフリーマンという非常に難しい仕事を、特に前半は素晴らしいパフォーマンスだった」と称えたように、中盤のコンダクターとして後半33分までプレー。ドローに終わったものの、前後半通じてボール支配率74%を記録した試合に大きく貢献した。

「開幕戦に出ていなかったので、試合を半年以上していなかった。この緊張感は何にも代えられないものがあるし、やっぱりここに立ってる時間が、自分の中で一番好きな時間だと改めて思いました」

 試合に出た。存在感も十分に発揮した。記憶を反芻するかのように、柔らかい表情で語った井上だが、もちろん引き分けに終わったこと、自身が得点に絡めなかったことに満足はしていない。

「数字を残せれば、もう一つ上のレベルに行ける。今までできてこなかったところなので、さらに進化するためにはそれが必要だと思っています」

 遠ざかり、消えつつあった東京五輪という目標も、メンバー選考に1年の猶予が与えられた。この日、井上潮音は、確かにリスタートの一歩を踏み出した。

Football ZONE web編集部