同僚MF大久保が「いつも笑い飛ばしてくれてありがとう」と感謝を綴った投稿に反応

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)2部のAC長野パルセイロ・レディースに所属するMF三谷沙也加が、自身のインスタグラムを更新。大怪我から復帰を目指す“心友”との2ショットを共有し、「眉毛ないの目立っちゃってる笑」と自虐的に説明している。

 昨季1部リーグで9位に沈んだ長野Lは、今季2部に降格。佐野佑樹監督の下、1年での昇格を目指している。なでしこリーグ1部・2部ともに3月21日の開幕戦を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大により試合が延期。緊急事態宣言の解除を受け、長野Lは7月19日にちふれASエルフェン埼玉との開幕戦を迎える予定となっている。

 今回、先にSNSにメッセージを投稿したのはMF大久保舞だった。大久保はジェフユナイテッド千葉レディースから加入した昨季、レギュラーとしてリーグ戦13試合に出場するも、昨年10月の練習中に左膝前十字靱帯を損傷して全治8〜10カ月の見込みだと診断された。

 6月10日に「みんなにとっての当たり前が今の自分にとっては最高に幸せ #当たり前に感謝 #サッカー楽しい」と練習中の写真を投稿していたが、29日に「人生山あり谷あり いつも笑い飛ばしてくれてありがとう」と三谷との2ショットを2枚アップした。

 これに、作陽高時代に左膝前十字靱帯断裂を経験し、浦和レッズレディースや長野L移籍直後も怪我に苦しんできた三谷が反応。お互いの気持ちが通じ合う部分は多いようで、「こちらこそ、いつもありがとうね いつも感謝してます 一緒に頑張ってこーーー!!!」と綴っている。

 笑顔が印象的な2ショットだが、「ほぼ化粧とれて2枚目の写真 眉毛ないの目立っちゃってる笑」と自虐的に触れるところも明るい性格の三谷らしさが出ており、コメント欄には「爆笑」「可愛い〜」といったコメントが寄せられている。

 昨季リーグ戦11試合に出場し、待望の初ゴールも記録した三谷。新シーズンの活躍が期待されるところだ。

Football ZONE web編集部