公式SNSにオフショット投稿、腹筋が6つに割れたFWナニの姿に海外メディア驚愕

 米MLS(メジャーリーグサッカー)オーランド・シティの元ポルトガル代表FWナニが自身の公式SNSを更新し、1枚のオフショットをアップした。その写真には、腹筋が6つに割れた筋肉質な姿が写されており、海外メディアが注目している。

 2007年に母国ポルトガルのスポルティングCPからマンチェスター・ユナイテッドに加入したナニは、プレミアリーグ優勝4回、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇1回などタイトルを獲得。その後、トルコやスペインなどに拠点を移し、昨年2月からはアメリカ1部オーランド・シティでプレーしている。

 現在33歳のナニがプレーするMLSは、新型コロナウイルスの感染拡大により3月からシーズンが中断していたが、7月8日から無観客で再開すると発表。全26チームが参加してフロリダ州オーランド近郊の大規模スポーツ施設で集中開催する運びとなっている。

 シーズン再開が目前に迫るなか、ナニは自身の公式ツイッター上に1枚のオフショットをアップ。写真にはナニの鍛え上げられた筋肉質な姿が写っており、海外メディアは驚きを持って、投稿された1枚の写真について紹介している。

 英紙「ザ・サン」は、「元マンUのナニ、信じられないほど身体を変形させた姿を披露」と見出しを打ち、「ナニはオーランドでリラックスした休日を楽しみ、6パックを見せびらかした。岩のように固い腹筋だけでなく、オールド・トラフォードで8年間過ごした以前はほっそりしていたウインガーは腕を曲げて、膨れ上がった二頭筋を見せた」と伝えている。また、英紙「デイリー・メール」も記事として取り上げ、「オーランド・シティのスター、ナニが見事な変身を遂げ、彫りの深い体格を披露した」などと綴った。

 オーランドの攻撃の主力として期待されるナニ。シーズン再開へ肉体面のコンディションは万全のようだ。

Football ZONE web編集部