ジェノア戦でキャリア通算728得点目をマーク

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが現地時間6月30日のセリエA第29節ジェノア戦(3-1)で、自身の代名詞とも言える強烈なロングシュートを決めた。海外メディアによれば、矢のような一撃は時速105km/hをマークしていたという。

 ロナウドにキャリア通算728得点目が生まれたのは、1-0で迎えた後半11分だった。左サイドバックのブラジル代表DFダニーロのインターセプトを起点に、ユベントスがカウンターを発動。センターサークル付近でパスを受けたロナウドはドリブルで相手陣内を突き進むと、ゴールまで20メートル以上ある位置から右足を振り抜いた。“ズドン”というインパクト音が響く、まさに弾丸のようなシュートはゴール右上隅に一直線に伸び、イタリア代表GKマッテオ・ペリンが伸ばした手をすり抜けてゴールネットに突き刺さった。

 ロナウドはこれでリーグ戦再開後3試合連続ゴール。セリエA25試合で24ゴールに乗せ、得点ランキング2位につけている。左右両足にヘディング、直接FKなどあらゆる形で得点を量産してきたが、エリア外からの長距離砲はまさに典型的なゴールパターンの一つだ。

 イタリア紙「トゥットスポルト」は、この一撃が時速105km/hを記録していたことを紹介しつつ、「比類なきショット」「芸術作品」と称賛。英スポーツチャンネル「Premier Sports」公式ツイッターも「信じられない一撃」と報じた。ポルトガルのスポーツチャンネル「Sport TV」は「ケチャップが出てきて止まらない! クリスティアーノ・ロナウド爆弾! ヴィンテージCR7だ」と興奮気味に伝えている。

 残り9試合で、さらにゴール数を伸ばしていきそうだ。