【高校、ユース、Jを率いた吉永一明の指導論|第3回】指導した白崎、前田、渡辺のプロでの成長を実感

 吉永一明(現・アルビレックス新潟アカデミーダイレクター兼U-18監督)は、2009年に山梨学院高校のヘッドコーチに就任すると、同校を選手権初出場で初優勝に導いた。24時間選手に寄り添うことをテーマに着任し、最初の2年間は接していない3年生が軸になっていたこともあり、自身はこの全国制覇を「実績としてカウントしていない」と言う。だが現実には吉永の着任で、部活を取り巻く空気や規律、トレーニング内容から公式戦での戦術的な指示までチームは一変しており、この変革なくして快挙はなかった。

 翌年からは肩書きを監督に変え、計7年間の在籍中に関わった14人の選手たちが大学経由も含めてプロの道を歩んだ。特に吉永の着任とともに入学してきた白崎凌兵(現・鹿島アントラーズ)は、自身が3年間を通して接した最初の世代で、2011年には唯一2年生で日本高校選抜の欧州遠征に参加。3年時には、7つのJクラブで争奪戦となった。

「白崎には、彼の良さを失わないように自由を与える部分と絶対にやらなければいけない部分を身につけさせたいと思っていました。特に守備の意識と献身性は大事だと考えていたので、今のプレーを観ているとそこは評価されているのかな、と思っています」

 一方、前田大然(現・マリティモ)の変貌ぶりには、吉永も驚きを隠せない。

「大然はポテンシャルを人のために活かす。つまりチームへの献身性がつけば嫌な選手になれると思いました。いろいろありましたが、そこまで変われるかと思うくらいの成長を感じています。これから一層怖い選手になってほしいですね」

 また中央大学へ進学した渡辺剛は、卒業するとジュニアユースまで過ごしたFC東京と契約し、元韓国代表DFチャン・ヒョンスが抜けた穴を埋め、今では東京五輪を狙える位置まで進化している。

「剛は遅咲きの選手だと思っていたので、ミスや精神的な不安定さにはかなり目をつぶって我慢しました。ようやく大人になった感じはします」

 ただし吉永の指導者としての真髄は、こうして成功しつつある選手だけではなく、どんな道に進んだ選手とも丁寧に寄り添っているところにある。

 例えば自身のフェイスブックでは、ある教え子の誕生日を毎年祝っている。山梨学院OBの彼は、職場で執拗なパワハラを受けて自ら命を断った。おそらく数千人にも及ぶ教え子の中で、彼の誕生日をしっかりと刻み込み、必ず「いつも一緒だよ」と天に語りかけているのだ。

成長期に移動に時間を割かれると、疲弊して体が大きくならない

 アビスパ福岡やサガン鳥栖のアカデミーで指導をしている頃は、「グラウンド探しに追われ、駐車場でトレーニングをすることもあった」という。成長期に移動に時間を割かれる選手たちは、疲弊してなかなか体が大きくならなかった。

 それに比べれば、山梨学院の環境は恵まれていた。寮とは目と鼻の先に人工芝のピッチがあり、練習を終えて食事、入浴を済ませ、点呼を取ると消灯になる。

「そのまますぐに寝なかったとしても、体を休めることはできる。電車移動で時間を取られるよりは、食事も含めて体が大きくなる要素は多かったと思います」

 実は今回のコロナ禍で、アルビレックス新潟もしばらく活動を休止していた。

「久しぶりに会って、大きくなったと感じる選手が多かった。当然縦だけではなく、横に広がった選手もいるわけですが、改めてスタッフも休ませることの大切さを実感していました」

 吉永には3つのJクラブアカデミー、さらにはいわゆる街クラブ、そして高体連での指導経験がある。次回はそれぞれの置かれた状況を検証したうえで、利点や改善点などを明確にしていく。(文中敬称略)

(第4回へ続く)

Football ZONE web編集部