マジョルカは0-3の大敗 久保は孤軍奮闘で堅守アトレティコに存在感を示す

 マジョルカは現地時間3日、リーガ・エスパニョーラ第34節でアトレティコ・マドリードと対戦し、0-3と大敗を喫した。日本代表MF久保建英は10試合連続となる先発を飾ったが、前半終了間際に圧巻のドリブル突破を披露。海外メディアも「アトレティコの複数選手を一掃」と注目している。

 降格圏の18位に沈んでいるマジョルカは、前節で残留争いを演じるセルタとの直接対決に臨み、5-1と圧勝。久保は4得点に絡む2アシストの活躍を披露していた。今節ではリーガ屈指の強豪アトレティコとの対戦を迎え、久保は10試合連続となる先発を飾るも、試合は両チームの力の差がスコアに浮き彫りとなる形で3失点の惨敗となった。

 一方、海外メディアは前半42分のシーンに注目した。右サイドでボールを受けた久保に対し、アトレティコはMFヤニック・カラスコ、DFマヌエル・サンチェス、MFサウール・ニゲスで囲い込むも、繊細なタッチと瞬発力あるダブルタッチで一気に打開して深い位置に侵入。最終的にはCKに逃げられたが、久保が強固なアトレティコの守備陣を翻弄した瞬間となった。

 米スポーツ専門局「ESPN」は公式ツイッターで「全員を相手にたった1人で…。久保がワンダで才能を引き出し、アトレティコの複数選手を一掃してビッグゲームで際立った」と取り上げると、リーガ公式ツイッター英語版は「久保建英が才能の片鱗を示した」と文章を添えて、突破の動画シーンを公開している。

 また、「ラ・リーガTV」公式ツイッターは「新星の久保は将来のスターに映る…レアルに早期帰還か?」と指摘していた。試合には敗れ、降格の危機に直面している状況には変わりはないが、スペインの舞台で久保が与えているインパクトは確実に大きくなっている。

Football ZONE web編集部