マジョルカは0-3の大敗も… 久保はアトレティコ守備陣を苦しめる好パフォーマンスを披露

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間3日、リーガ・エスパニョーラ第34節のアトレティコ・マドリード戦で先発フル出場を飾るも、チームは0-3の完敗を喫した。一方、スペイン大手紙は「久保の才能はアトレティコを相手に高評価を受ける」と見出しを打ち、久保が披露したパフォーマンスに惜しみない賛辞を送っている。

 降格圏の18位に沈んでいるマジョルカは、前節で残留争いを演じるセルタとの直接対決に臨み、5-1と圧勝。久保は4得点に絡む2アシストの活躍を披露していた。今節ではリーガ屈指の強豪アトレティコとの対戦を迎え、久保は10試合連続となる先発を飾るも、試合は両チームの力の差が浮き彫りとなる形で3失点の完敗となった。

 一方、久保は随所で存在感を発揮する。前半7分にアトレティコの守備網を打開する強烈なドリブルを見せると、前半42分には相手選手3人に囲い込まれるも、瞬発力あるダブルタッチで右サイドを突破する個人技を披露。後半14分には右サイドからドリブルでペナルティーエリアに侵入し、マッチアップしていた相手DFマヌエル・サンチェスを鋭い切り返しで転倒させ、シュートまで持ち込んだ。

 このシーンの直後、敵将ディエゴ・シメオネ監督は幾度となく久保の突破を許したサンチェスをピッチから退けた。チームを勝利に導くことこそできなかったが、久保が強豪アトレティコとの戦いで見せたプレーに、スペイン大手紙「マルカ」は「久保の才能はアトレティコで高評価を受ける」と見出しを打って取り上げている。

 記事では「久保のパフォーマンスは世界中のサッカースクールで模範とされるべきだ。レアルから期限付き移籍中の選手は、再び最高のプレーを見せ、ピッチ上の全員を凌駕するレベルだった」と見出しを打ち、「フェリックスは依然として一貫性を見出す必要性を強いられている」と、20歳の超新星FWジョアン・フェリックスとの明暗も指摘している。

「マルカ」はスペイン国内最大の大手紙として知られているが、「敗れた側のチームにもかかわらず、久保は強烈なパフォーマンスで突出していた」と惜しみない賛辞を送っていた。強豪アトレティコを苦しめたプレーでより一層スペインでの評価を高めることができたようだ。

Football ZONE web編集部