磐田で5シーズンにわたってプレーしたGKカミンスキーが日本時代を回想

 昨季までジュビロ磐田でプレーしていたポーランド人GKカミンスキーは、5シーズン在籍したJリーグ時代を振り返り、感謝の気持ちを込めつつ「日本で本物のスターのような気分になれた」と語っている。母国メディア「Przegląd Sportowy」が伝えた。

 現在29歳のカミンスキーは2015年1月、母国ルフ・ホジューフから磐田に加入。1年目はJ2リーグ戦41試合に出場して昇格に大きく貢献すると、以降もJ1リーグで4シーズンにわたってプレーし、J1通算111試合に出場した。

「日本で神のように扱われていたカミンスキー」と特集を組んだのが、母国メディア「Przegląd Sportowy」だ。磐田時代に好セーブを連発し、名前にひっかけて“神ンスキー”とも呼ばれた守護神は日本時代を振り返り、「日本で本物のスターのような気分になれた」と口にしている。

「自分の名前が入ったシャツ、キーホルダー、日用品などがオフィシャルショップで販売され、ポーランドに持っていきたいと思うこともあったけど、売れてしまったので買えなかった」

 磐田に2019シーズンまで在籍し、古巣ヴィスワ・プウォツクへ復帰したカミンスキー。記事では「カミンスキーはマゾヴィエツキの出身で、 ヴィスワ・プウォツクからわずか70kmのところだ。それが移籍を決めた要因の一つ。そして二つ目の要因は、彼が以前にプレー経験があるということだ」と背景を説明している。

磐田を去った理由についても言及 「まだ日本に居られたけど…」

 またカミンスキーも移籍について言及。「なぜジュビロを去ったか? まだ日本に居られたけど、そろそろヨーロッパに戻る時だと判断した」と明かした一方、「日本にいると、2〜3日の休みがあっても国には遠すぎて帰れなかった。今は、暇な時は車に乗って家族のところに行ける」と続けている。

 母国復帰後は出場機会が得られない時期が続いたものの、メンタルは全くぶれなかったという。「もちろん、出場したいという野心はあるけど、自分の役割を完全に受け入れた。日本での5年間で、こうした状況での振る舞いを学んだよ」と語っている。

 ピッチ内だけでなく、ピッチ外でも「清潔にすることを学んだ」というカミンスキー。「日本は多くのことを僕に与えてくれた」と感謝の言葉を残しており、Jリーグでの5年間は忘れられない思い出となっているようだ。

Football ZONE web編集部