久保の突破力に驚き「アトレティコの3選手のマークは、このアジア人を止めるには不十分だった」

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間3日、リーガ・エスパニョーラ第34節のアトレティコ・マドリード戦で先発フル出場を飾るも、チームは0-3の完敗を喫した。一方、海外メディアは「この日本人は度胆を抜くプレーでアトレティコの3選手を翻弄した」と大々的に取り上げている。

 マジョルカは現在、降格圏の18位に沈む危機に直面している。そのなかで前節は残留争いを演じるセルタとの直接対決に臨み、5-1と圧勝した。4得点に絡む2アシストの活躍を披露した久保は、今節のアトレティコ戦で10試合連続となる先発を飾るも、チームは3失点を喫し、リーグ3位を走る強豪に力負けする結果となっている。

 一方、海外メディアは久保が示した圧巻の突破力に注目。前半7分、アトレティコ守備陣に囲まれながらもマッチアップしていた相手DFマヌエル・サンチェスを爆発的なスピードで抜き去るドリブルを見せた久保は、同42分にも同様に、相手選手3人の包囲網で挟み撃ちされるが、瞬発力あるダブルタッチで再びサンチェスを置き去りにし、右サイドを突破した。

 後半14分には右サイドからドリブルでペナルティーエリアに侵入し、サンチェスを鋭い切り返しで転倒させ、シュートまで持ち込んだ。敵将ディエゴ・シメオネ監督は、再三にわたり久保に翻弄されたサンチェスに耐えかねてか、このシーンの直後にピッチから退かせていた。

 ペルーメディア「depor.com」は「名手久保。この日本人は度胆を抜くプレーでアトレティコの3選手を翻弄した」と見出しを打ち、「最終的には(DFホセ・)ヒメネスがクリアしたが、アトレティコの3選手のマークは、このアジア人を止めるには不十分だった」と、堅守アトレティコの守備陣が久保の突破を防ぐことができなかったと指摘している。

 また、「久保がライバルを相手に偉大な才能を提示したのはこれが初めてではない。2〜3メートルの距離感では、その爆発力とインテリジェンスはリーガの中でも突出した存在だ」と称賛している。久保の保有権を有するのは、アトレティコの宿敵にあたるレアル・マドリード。近い将来、“白い巨人”の一員としてアトレティコを脅かすことになるかもしれない。

Football ZONE web編集部