【高校、ユース、Jを率いた吉永一明の指導論|第4回】日本のユース年代にある「理詰め」と「理不尽」の極端な二重構造

 アルビレックス新潟でアカデミーダイレクター兼U-18監督を務める吉永一明は、ユースチーム(U-18)のGKに尋ねてみた。

「大学の体育会に入ると、GKが何人くらいいるか知っている?」
「……」
「1チーム(11人)以上いることもある。でもトップの試合に出られるのは1人だけだよ」

 Jアカデミーの選手は、それを聞いて少なからず驚く。一方、大所帯の高体連で育った選手たちは、すでにそんな環境に慣れている。

 吉永は語る。

「結局、高体連も大学も構造は同じです。アカデミーで少人数のエリートとして大事にされてきた選手たちは、外へ出て声もかけてもらえないような環境に面食らいます。強いメンタリティーを持ち、自分の考え方などを発信していければ良いですが、それができない選手は残念な結果に終わることが多い」

 実際多くのJアカデミー出身選手たちが、高体連や大学の環境とのギャップに戸惑う。恵まれた環境で育ってきた選手たちは、進学を機に初めてそれが当たり前ではなかったことに気づく。もちろん高体連や大学もひと括りにはできないが、他の先進国に例を見ない「理詰め」と「理不尽」の極端な二重構造は、日本サッカーの長所と捉える声もあるが、それは明らかなアキレス腱だ。

 しかし最近では、敢えてJクラブのジュニアユースから高体連に進む選手も目立つ。そのほうが選択肢が広がるという見方もあるし、やはり中学生たちにとって高校サッカー選手権は依然として魅力ある舞台なのだ。

「新潟県でも帝京長岡などの活躍があり、選手権は大きな注目を集めます。ただしそこに憧れる中学生には良いところしか見えていない。逆に私はアカデミーと高体連両方の指導経験があるので、長所と短所をはっきりと伝えることができます」

 吉永は山梨学院で初めて100人を超える部員と向き合い、チームを同じ方向へとまとめていく難しさに直面した。ただし反面、大所帯ならではの競争力も否定はできなかった。

「適性人数に丁寧な指導を施していくのが最善だとは理解しています。しかし日本の場合は、プロクラブのアカデミーでも3年間は面倒を看るという流れがあり、親御さんもそうでなければ子供を預けてくれません。でもそんな守られた環境で、選手がどこまで必死にやり切るかというと難しいのは確かです。同じメンバーで長く続けていると、ある程度の序列が生まれ、閉塞状況に陥る可能性がある。そこは飛び級などを上手く利用して解決していくべきですが、トップで誰か怪我をしたらオレが出ていくくらいの気概を持ち、もっとガツガツやれる選手が増えてほしい。

 一方、高体連はメンバーも多く、みんながインターハイや選手権で活躍してプロを狙いたいと考えている。ライバルが多いと、ある日突然スタメンから外されることもあり、怪我をしても簡単に痛いなどと口にできないなど緊張感があります。そこで生き残る逞しさは、やはり否定できない。すでに彼らには、大学へ進んだとしても、我慢してチャンスを掴んでいこうという心構えができています」

欧州や南米のユースでは「実力に適したクラブへの移籍が当たり前」

 日本では高校選手権の人気が突出し過ぎて、逆にクラブチームの運営が難しい。事実上、16歳以降はプロを養成するJアカデミーか高体連の二者択一になり、選手の流動性が消滅する。脱落した選手の受け皿がないから、欧州や南米のクラブのように随時選手の入れ替えが効かず、それが本来の少数精鋭主義を阻んでいる。

「例えば小学生でバルセロナへ移籍した久保(建英)は、少人数のエリートの中でも、いつ日本へ帰れと言われても不思議ではない状況で毎日生き残りを賭けて戦ってきた。それに対し、私は三菱養和で5年間指導をしましたが、記憶する限り強豪校から移籍してきた選手は1人しかいませんでした。欧州や南米では、実力に適したクラブへの移籍が当たり前です。でも日本ではそういう選択をすると、どうしてもドロップアウトをしたような印象を持たれてしまいがちです」

 裏返せば日本の現状では、特に高校年代で試合に絡めず充実感を得られない大量の実質的な脱落者を生み出してしまっている。

「本来選手の権利を考えれば、必要とされるチームへ移るのは当然のこと。まずはその発想が浸透し、1年ごとに選手の見直しができるシステムが理解されれば、少人数で厳しい競争を追求したいプロの組織としては理想に近づきます。ただそれには、まだ凄く時間がかかるでしょうね」

 次回は記録破りの成功を収めたアルビレックス新潟シンガポールでの戦いを振り返る。(文中敬称略)

(第5回へ続く)

Football ZONE web編集部