エバートン戦の前半後に発生 モウリーニョ監督が言及「こうしたことは必要なことだ」

 トッテナムは6日のプレミアリーグ第33節でエバートンと対戦し、ホームで1-0と勝利したなか、前半終了間際にフランス代表GKウーゴ・ロリスと韓国代表FWソン・フンミンが衝突する一幕があった。ジョゼ・モウリーニョ監督は、味方同士の小競り合いを「美しい」と表現している。英メディア「エキスプレス」が報じた。

 前半終了のホイッスルが鳴ると、ロリスは一目散にソン・フンミンに詰め寄る事態が起きている。その直前のラストプレーでソン・フンミンが関与した場面でボールを奪われ、エバートンに決定機を作られていた。相手のシュートは枠を外れたものの、失点しても不思議ではない場面だった。

 ロリスは怒鳴るように言葉を飛ばしながらソン・フンミンに駆け寄ると、ソン・フンミンも言い返す応酬となり、両者は一触即発の状態。チームメートたちに引き離されて事なきを得たが、前節でシェフィールド・ユナイテッドに1-3で敗れていたクラブの不穏さを物語るシーンとなった。

 だが、チームを率いるモウリーニョ監督は、この小競り合いを「美しい」と表現した。

「美しかった。おそらくミーティングの結果だ。もし、あの出来事について、誰かを責めたいなら、それは私だろう。私は選手たちに『自分たちに対して、もっと批判的になるべきだ』と伝えていたからね。もっと多くのことをお互いに要求するべきだと伝えていたんだ」と、選手間での厳しさを求めていたことを明かした。

「ソンは素晴らしい選手だ。誰もがソンのことが大好きだ。でも、キャプテン(ロリス)はもっとやらなければいけない、もっとチームに献身的でなければいけないと伝えたんだ。チームが成長するうえで、こうしたことは必要なことだ。大きな個性が、成長には必要なんだ。あのようなリアクションがあったのなら、問題はないよ」

当事者ロリスの見解は? 「僕とソンの間に起きたことは…」

 この件について、ロリスは「ロッカールームでの出来事だよ。外からは何と言ってもいいけれどね。選手同士にはリスペクトの精神がある。僕とソンの間に起きたことは、サッカーをしていれば、時々、起こることであり、問題はないよ。試合終了時には、問題なかった様子が見えただろう? 僕たちはチームの一員であり、勝ち点3を得たことを喜んだよ」と、話した。実際に試合後に2人は抱き合って、勝利を喜ぶ様子も見られた。

 インパクトのある両者の激突だったが、モウリーニョ監督の言葉どおり、雨降って地固まるとなるのか。次節、アーセナルとのノース・ロンドン・ダービーで真価を問われることになりそうだ。

Football ZONE web編集部