ウディネーゼ戦でフル出場した吉田、海外メディアは「靴を磨く写真」に注目

 日本代表DF吉田麻也が所属するサンプドリアは、12日のセリエA第32節ウディネーゼ戦で3-1と勝利した。吉田は公式ツイッターで「なんかアシストついた。ラッキー。笑」と振り返った一方、海外メディアは「サウサンプトン時代の友人でもあるガッビアディーニが靴を磨く写真を公開」と注目を寄せている。

 敵地でウディネーゼと対戦したサンプドリアは前半37分に先制点を献上。しかし前半アディショナルタイムにFWファビオ・クアリャレッラのゴールで同点に追いつくと、後半39分にFWフェデリコ・ボナッツォーリのバイシクル弾で勝ち越した。

 そして終了間際、ハーフウェーライン付近からのFKで吉田が前方にボールを供給。すると、これが相手DFの頭上を越えてFWマノロ・ガッビアディーニにつながり、ダメ押し弾を奪って3-1と勝利を収めた。

 吉田は公式ツイッターで自身のプレーを振り返り、「なんかアシストついた。ラッキー。笑」と冗談交じりに言及。さらに、ゴールを決めたガッビアディーニの足に吉田がスパイクを乗せているトレーニング中の写真をアップした。

 サンプドリア専門サイト「SampNews24」は「吉田がウディネーゼ戦で特別な夜を過ごした。ガッピアディーニへのアシスト」と報道。また吉田がアップした写真に反応し、「サウサンプトン時代の友人でもあるガッビアディーニが靴を磨く写真を公開」と綴っている。

 吉田は4試合連続先発でフル出場をするなど着実に存在感を高めているようだ。

Football ZONE web編集部