リーガ公式インスタグラムが回顧、03-04シーズンのオサスナ戦で決めた伝説の一撃

 元ブラジル代表FWロナウジーニョは、今年3月に偽造パスポート所持の疑いでパラグアイで逮捕されるなど引退後は何かと世間を騒がせているが、現役時代に見せた数々の天才的なプレーが色褪せることはない。リーガ・エスパニョーラ公式インスタグラムは、現地時間16日に行われる第37節バルセロナ対オサスナの一戦を前に、かつて同じカードでロナウジーニョが決めたゴラッソ動画を公開。「ロナウジーニョが魔法を披露!」と称えている。

 投稿された映像は、2003-04シーズンの敵地オサスナ戦で生まれた華麗なボレーシュートだ。バルセロナの左サイドからのコーナーキックは、相手に一度クリアされたものの、こぼれ球をバルサの選手がペナルティーエリア外からシュート。ジャストミートせず威力も弱かったが、これが絶好のパスとなり、ゴール前のロナウジーニョにボールが渡った。

 相手ゴールに背を向けた状態で足もとにボールが届いたロナウジーニョは、トラップと同時に体の向きを素早く変える。前後から相手が寄せてくるなか、2タッチ目でボールを浮かせて反時計回りに回転すると、体を倒しながら相手の背中越しに豪快な右足ボレーシュート。至近距離での一撃に相手GKは一歩も動けなかった。

 ゴール前約6メートルの位置で天才が見せつけた超絶スキルに、サッカーファンからも改めて感嘆の声が上がっている。動画を公開したリーガ公式インスタグラムのコメント欄には、「レジェンド!!!」「魔法使い」「異星人…この魔法を説明する言葉はない」「スター」「史上最もスペクタクルな選手」「空手キッド」「マエストロ」などの声が寄せられていた。

 バルサは残り2試合となった今季のリーガで、首位レアルと勝ち点4差の2位。逆転優勝は難しい状況となっているが、オサスナ相手にロナウジーニョが披露したような“魔法”を放ち、意地を見せたいところだ。

Football ZONE web編集部