倒れたFC東京の永井に対して、山本主審が過去の怪我を把握したうえで対応

 9日に行われたJ1第9節のセレッソ大阪対FC東京の一戦で、主審の“ファインプレー”が話題となっている。Jリーグ公式YouTubeチャンネルが一部始終を捉えた映像を公開し、「高評価100回分押したい」「プロフェッショナル」と絶賛されている。

 ヤンマースタジアム長居での試合に4840人の観客が足を運んだなか、両軍ともに決定打を欠いてスコアレスドローに終わった。Jリーグ公式YouTubeチャンネルは前半44分のワンシーンをピックアップし、「過去の永井選手の怪我まで把握している山本主審の素晴らしいマネジメント」というタイトルの映像を公開した。

 FC東京が右コーナーキックを獲得し、中央へパスを供給。競り合いのなかでFC東京のFW永井謙佑がピッチに倒れ込んだ。ここで試合が一時中断され、すぐさま主審の山本雄大氏が駆け寄り、優しく言葉を掛ける。

「永井さん、大丈夫? 永井さん、どこ? 肩? ゆっくりでいいよ。怪我したところだよね、前?」

 永井は昨季の第33節浦和レッズ戦で負傷。右肩関節反復性脱臼と診断され、12月に手術を受けて全治約4カ月と発表されていた。負傷の影響で今季開幕から出遅れていたなか、山本主審は永井の負傷箇所をしっかりとインプットしており、痛がる姿と箇所を見て再発を懸念したようだ。

状況を逐一連絡 「前、怪我した肩と言っているんですけど…ちょっと待ってください」

 倒れた永井の横で山本主審が審判団に状況を逐一伝え、「前、怪我した肩と言っているんですけど……ちょっと待ってください。本人、大丈夫だそうです」と連絡を密に取っている様子が収められている。

 最終的に永井は大事に至らずに安堵が広がったなか、映像を見たファンから「こういう映像・音声は貴重」「審判のファインプレーも取り上げてくれるJリーグさんナイス!」などのコメントが届いた。

 また山本主審への賛辞も相次いでおり、「主審を全うしてる」「高評価100回分押したい」「素直にすごい、プロフェッショナル」「本当にほっこりした」と絶賛されていた。

Football ZONE web編集部