今夏の移籍市場で積極的な補強を進めるビジャレアル 久保、パレホ、コクランを獲得

 日本代表MF久保建英は現地時間10日、ビジャレアルへの期限付き移籍が決定した。スペイン国内でも大きな注目を集めているが、現地メディアは「ビジャレアルが移籍市場を牽引」と見出しを打ち、新戦力の“三銃士”に期待を寄せている。

 2019年夏にFC東京からレアル・マドリードへ完全移籍した久保は、開幕直後にマジョルカへ期限付き移籍。リーグ戦35試合4ゴール4アシストをマークして存在感を放った。今季終了後には30クラブ以上が久保の獲得を打診したと取り沙汰されていたが、最終的には今季リーガでトップ5入りしたビジャレアルが争奪戦を制した。

 ビジャレアルはUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場が決定しており、来季に向けてウナイ・エメリ監督を招聘。新指揮官が久保の獲得を注文したと伝えられており、重要な戦力となる期待が高まっているなか、さらにバレンシアから主将のMFダニエル・パレホとMFフランシス・コクランの獲得を発表した。

 スペイン放送局「Meridiano」は「ビジャレアルが移籍市場を牽引。パレホ、コクラン、久保を獲得」と見出しを打ち、「ビジャレアルはメインスターの役割で3選手に投資した」と取り上げている。昨季もリーガ・エスパニョーラで活躍した新戦力の“三銃士”が来季のリーグ戦とカップ戦の両立の鍵を握るのは間違いないだろう。

Football ZONE web編集部