メッシがジローナ戦で貫禄の2ゴールを記録 「いまだ世界最高」

 バルセロナは現地時間16日、練習試合でジローナと対戦し、3-1で勝利を収めた。退団騒動に揺れたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシはこの日2ゴールを決める活躍を披露したが、英メディアは1得点目に決めた右足の強烈なミドル弾に注目し、「メッシが度肝を抜くゴール」と見出しを打って取り上げている。

 メッシは今夏、退団の意思をバルセロナに通達したことで世界を騒然とさせた。新シーズンの始動にも姿を見せず、違約金7億ユーロ(約880億円)が設定されている契約の解除を求めたが、クラブ側はこれを認めず。双方の意見が対立するなか、メッシの代理人である父ホルヘ氏とバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長ら首脳陣による話し合いが行われていたが、最終的には裁判沙汰を避けたいメッシ側が折れる形で残留が決まった。

 その後はチーム練習にも合流し、最初の練習試合となったヒムナスティック・タラゴナ戦(3-1)にも出場。ここでは不発に終わったものの、2戦目のジローナ戦では2ゴールとエースの貫禄を示した。そんななか、英メディアはメッシの1得点目に注目している。

 1-0で迎えた前半終了間際、ペナルティーエリア手前で左サイドからボールを受けたメッシは、反転して対峙する相手DFを翻弄。そのまま右足を一閃すると、強烈なミドルシュートはゴール右のポストを叩いてネットを揺らした。英メディア「GIVE ME SPORT」は「メッシが度肝を抜くゴール」と見出しを打って取り上げ、次のように綴っている。

「前半最高の瞬間は間違いなく、ボックス外から叩き込まれた見事な右足の一撃。そう、右足だ! メッシはマーカーが足を出す前に、止める術のない一撃をゴール右上に打ち込んだ。ジローナのGKは、ポストを砲撃されてネットに突き刺されるのを見つめるしかなかった」

 後半6分にも追加点を奪ったメッシについて、記事では「特別な存在だ。33歳になってもメッシはいまだ世界最高であり、バルセロナがインスピレーションを与えるスーパースターへのオファーを聞き入れるつもりがなかった理由は明白だ」と惜しみない称賛を送っていた。退団騒動に揺れたメッシだったが、今季も中心選手として圧倒的な存在感を示してくれそうだ。

Football ZONE web編集部