3位FC東京が2位C大阪に2-0で勝利、総力戦で2連勝

 J1リーグ3位のFC東京が23日、第18節で2位セレッソ大阪を2-0で下した。前節ベガルタ仙台戦(1-0)に続き2連勝。勝ち点4差だったC大阪に完勝し、上位対決を制した。長谷川健太監督はこの日、今季磨き上げてきた「4-3-3」ではなく中盤の底を2ボランチにする「4-2-3-1」を採用。連戦で台所事情が苦しいなか、先制点を挙げたFWディエゴ・オリヴェイラが攻守に奮闘するなど総力戦で掴み取った。

 上位対決らしい拮抗した試合展開だった。土砂降りとなった味の素スタジアムで、FC東京は序盤からチャンスメーク。前半3分にFWレアンドロからFWディエゴ・オリヴェイラとつなぎ、左サイドのDF小川諒也が鋭いクロスを入れるも誰も合わせられず。同19分にはMFアルトゥール・シルバの右クロスに反応したD・オリヴェイラが強烈なシュートを放つも、惜しくも枠をとらえられなかった。

 試合が動いたのは後半18分。右サイドでスローインからリスタートしたFC東京は一気にカウンターを仕掛け、MF安部柊斗が左のD・オリヴェイラへパスを入れると、ファーサイドへきっちり決めて先制点を掴んだ。リズムに乗ったFC東京はその3分後、小川からDF森重真人とつなぎ、森重が中央に入れると、MF内田宅哉が落としたボールを詰めていたFWアダイウトンが押し込み、追加点を奪った。

 前節のベガルタ仙台戦に続く2連勝。長谷川監督は試合後、開口一番で「全員が集中して素晴らしいゲームをしてくれた。言うことのない結果、内容だった」と目じりを下げた。この日は、今季磨き上げてきた「4-3-3」ではなく「4-2-3-1」を採用。指揮官は、安部とA・シルバの2ボランチにした理由を語った。

「中盤は限られたメンバーの中で、今日は3ボランチをやると、交代(できる選手)がいなくなってしまう。なので、2ボランチを選択した。前線の並び、攻撃と、セレッソのメンバーを照らし合わせてどういう形が一番いいか。連戦のコンディションを踏まえてどういう形が一番ベターなのか、この中2日で考えて、メンバーを選んでスタートした」

左サイドハーフのD・オリヴェイラも攻守に奮闘 「もう一つ前より運動量を求められる」

 連戦で苦しい台所事情のなか、試行錯誤して掴んだ2連勝。この日、2列目の左サイドに入ったD・オリヴェイラは中盤まで下がって守備に奮闘しながらも、前線にも顔を出してゴールを狙った。運動量が求められるなかで、見事に期待に応えた。本人も、その手応えを感じたようだ。

「このポジションはブラジルでもやっていた。もう一つ前より運動量を求められる。ディフェンスも含めてコンディションが大切。自分のコンディションはいい形」

 目の前の勝ち点3を掴むため、システムや役割を変えながらも、“カメレオン”のように適応。総力戦で上位対決を制した。これでC大阪とは勝ち点1差。ホームで引き寄せたこの勢いに乗って、首位を独走する川崎フロンターレの後を追いたい。

Football ZONE web編集部