かつてミランで本田と共闘したビジャレアルFWバッカ、久保らとの6ショットを投稿

 ビジャレアルは現地時間27日、リーガ・エスパニョーラ第3節でバルセロナと対戦する。開幕から2試合連続ベンチスタートの日本代表MF久保建英にとっては、下部組織でプレーした“古巣”の本拠地カンプ・ノウに乗り込むことになるが、良い雰囲気で調整は進んでいるようだ。

 ウナイ・エメリ新監督を迎えたビジャレアルは、新シーズン開幕2試合を終えて1勝1分。新戦力の久保はウエスカ戦(1-1)で後半32分、エイバル戦(2-1)で後半40分からピッチに立ち、後者の試合では短い時間ながら右サイドをドリブルで切り崩してチャンスを創出した。

 27日にバルセロナとの対戦を控えるなか、右ハムストリングの肉離れから復帰した元コロンビア代表FWカルロス・バッカがインスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)を更新。「Equipo ganador(勝利チーム)」と綴った一枚の写真では、スペイン人DFアルフォンソ・ペドラサ、久保、スペイン人FWダニエル・ラバ、バッカ、スペイン人FWハビエル・オンティベロス、アンドラ人GKイケル・アルバレスが肩を寄せ合い、雄叫びを上げて勝利の喜びを分かち合っている。

 バッカはACミラン時代に2年間、元日本代表MF本田圭佑(ボタフォゴ)と同僚だったことでも知られる実力派ストライカー。久保は34歳のベテランらチームメートたちと、しっかりコミュニケーションが取れているようだ。

 雰囲気良く調整を行うなか、開幕3試合目の古巣バルセロナ戦はどのような起用になるのか。エメリ監督の采配にも注目が集まる。

Football ZONE web編集部