【ドイツ発コラム】独誌のアシスト数でブンデス首位タイ、ウニオン戦の2アシストに見えた充実ぶり

 フランクフルトの日本代表MF鎌田大地は、ブンデスリーガ第9節終了時点でドイツのサッカー専門誌「キッカー」などの集計では6アシストとなり、バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキと並び、アシストランキング首位タイに立っている。

 6アシストという数字以上に、今季の鎌田は数多くの得点機を演出している点が高く評価されている。パスは出し手がどこに出すかだけが大事なわけではない。そのパスの先に味方選手がいなければ、あるいは走り込まなければ、どれだけ決定機を生み出せそうな状況でもチャンスにはならないのだ。

 その点で特に鎌田とポルトガル代表FWアンドレ・シルバのコンビは非常に合っていると思われる。短い距離での細かいパス交換はスムーズだし、ペナルティーエリアでポジショニングを取っているシルバがどの位置に、どのようなボールを求めているかを鎌田はしっかりとイメージできているようだ。出し手と受け手のイメージがシンクロできていたら、プレー判断のスピードと質はどんどん上がってくる。

 点取り屋であるシルバは、どこでどのようにボールを受けたらシュートへ持っていけるかというのを、感覚として身につけている。昨シーズン移籍直後はブンデスリーガのプレースピードとリズムになかなか馴染めずにいたが、後半戦からは徐々に本領発揮。今季はここまで7得点と、とても調子がいい。

 ゴールから逆算したところに立つシルバへのパスコースを見つけ出し、作り出すことができたら、あとはそこへ送るだけ――。そしてそのコースの作り方、見つけ方が鎌田は優れている。

 ウニオン・ベルリン戦(3-3)の1アシスト目は、完全にゴールへの道が見えていた。右サイドでボールを持った鎌田は、相手DFが寄せ切ってくる前にゴール前にできているスペースを認知し、ファーサイド際へ走り込もうとしているシルバを見つけて、ゴールを斜めに横切るようなグラウンダーのクロスを鋭く送ったのだ。ウニオンGKアンドレアス・ルーテは飛び出してなんとか阻止しようとしたが届かず、シルバが丁寧にゴールを決めた。

鎌田の才能を伸ばすヒュッター監督の辛抱強い起用法

 このようなラストパスは、GKにとって止めることが非常に難しい。同節のシュツットガルト対バイエルン戦(1-3)でも、似たような形からバイエルンGKマヌエル・ノイアーが失点していたが、守備ライン裏のスペースへ浅い角度からゴール前を斜めに横切ってくるようなパスに対しては、GKは飛び出すタイミングとコース取りが合わせにくい。飛び出さないとフリーでシュートを許してしまうが、サイドから来て、自分から遠ざかっていくようなボールに対してとなると、どこへ飛び出すかは瞬時に判断しづらいのだ。

 2点目のアシストは、また違うタイプのものだ。シルバからのヘディングパスを相手陣内の右サイドで前を向いて受けると、そのままスピードに乗った状態でドリブルで運んでいく。相手がボールにアタックできないように巧みに距離を取りながら前へと運び、一つフェイントを入れて前に持ち出した直後にゴール前へパス。一つひとつボールに触るリズムを変えているので、相手DFは足を出すこともできない。

 こうして鎌田が好プレーを披露し続けている要因の一つに、アディ・ヒュッター監督の辛抱強い起用法が挙げられる。

「私は悪いプレーをしたからといって、すぐにその選手を放り出すような監督ではない。最低でも2、3回はチャンスを与える。そうすることで選手に自分の信頼を感じ取ってもらうことができる。そうしないと、ミスが選手をさらに不安にさせてしまうかもしれない。それにもし、そうやって選手をすぐ入れ替えたことで、新しく起用される選手まで『もし、この試合でミスをしたら次のチャンスはないかもしれない』と不安を感じてしまったら、私は同時に2人の不安定な選手を抱えることになってしまう」

 5日のドルトムント戦を前に行われた記者会見でそのように語っていたが、確かにこうした手腕でヒュッター監督は主力選手を育て上げてきたのだ。

 鎌田もそうだ。昨シーズンからレギュラーとして、そして今季は主軸として絶大な信頼を得ているとはいえ、毎試合トップパフォーマンスを残してきたわけではない。リズムやタイミングが合わずに、ミスのほうが多かった試合だってある。それでもヒュッター監督は、どんな時も鎌田への信頼を崩さなかった。それが日本代表MFを常に前向きな気持ちにさせ、課題を改善しようと取り組み、次の試合では確かなパフォーマンスでチームに貢献してきたからこそ、今がある。

 ヒュッター監督は前節に向けた記者会見では、現在ウニオンで大活躍中のFWマックス・クルーゼ獲得の考えがあったことを明かした後に、それでも獲得には動かなかった理由について次のように語っていた。

「彼が調子のいい日は、我々の攻撃力はワンランク跳ね上がる」

「我々は鎌田大地という、別のタイプだが、おそらくいつの日かそれこそ非常に高値で他クラブへ移っていくだろう選手を見つけた。鎌田という若い選手を、素晴らしいシーズンをプレーした選手がいるのに、クルーゼを獲得し、ベンチに座らせるというのだろうか? 若手選手を育て上げるというクラブ哲学の一つはどこにいってしまうのか。鎌田はポテンシャルのある若い選手なんだ」

 まだ、コンスタントさに欠けている点は否めない。ウニオン戦でのチーム2失点目は、鎌田が中盤でボールロストしたところからカウンターを受けたのがきっかけだったのは反省材料だし、ヒュッター監督も「ただ彼が消えてしまうと、我々にとって非常に難しい試合になる」との指摘も忘れていない。

 それでも「スペースを攻略し、我々のオフェンスにおけるキープレーヤーだ。相手の守備ライン間でいい動きをしてくれる。彼が調子のいい日は、我々の攻撃力はワンランク跳ね上がる」と深い信頼を口にするヒュッター監督の下で、鎌田は試合を重ねるごとに経験値を高め、成熟していくことだろう。まだまだこれから、なのだ。

Football ZONE web編集部