【ゼムノビッチ監督が語る育成指導論|第1回】淡路島を活動拠点とする相生学院高校サッカー部の監督に就任

 かつて清水エスパルスを天皇杯制覇などに導いたズドラブコ・ゼムノビッチ氏が、兵庫県にある相生学院高校サッカー部(通信制)の監督に就任した。Jリーグは創設から29年目を迎えたが、プロのトップチームを指揮した経験者が高体連の監督に就くのは初めてである。

 淡路島を活動拠点とする同校サッカー部は、寮の近くにある天然芝、人工芝、土とすべてのタイプのピッチが利用可能で、時には砂浜でのトレーニングも実践するなど、特に育成には理想の環境を整えている。1995年に来日して以来、小学生からプロまですべての年代別カテゴリーで豊富な指導歴を持つゼムノビッチ氏にとっても、心を動かされる新しいプロジェクトだった。

「Jクラブからも2つくらいオファーがあり、千葉県に戻って少し考えているところだった。実際淡路島へ来て2日間くらい施設を見て回ると、プロも顔負けの凄い環境が整っていた。寮と目と鼻の先にトレーニングの場があるので、いつでもボールを蹴れる。面白い試みだと受けることにしました」

 高校の部活は、いくつかの大きな問題点を抱えている。多くの強豪校は3ケタの部員数を抱え、大半がトップチームの公式戦のベンチにも入れずに卒業していく。またそういう厳しい状況を実感し、指導者や環境に馴染めなくても途中で移籍することができない。中学から高校へと3年間単位で区切られ、それぞれの在学中に一つの総決算しかない日本独特のシステムは、海外事情と比べても極端に非効率で大きな障壁になっていた。

 こうした日本独特の事情を熟知するゼムノビッチ氏は指摘する。

「だから日本では小学生が一番良いサッカーをしているんです。小学生時代は、ほとんどの選手が同じチームで過ごすし、学年ごとのチームがあって常に試合をしているからです。でも中学に入ってからの2年間と、高校に入学後の2年間は真剣な公式戦の場が激減する。欧州ではどんなチームでも年間30試合をこなしているので、そう考えると日本の選手たちは中学と高校の計4年間で計120試合の公式戦が不足してくる。これは物凄くもったいないこと。日本人選手の成長速度が遅い大きな要因になっていると思います」

100〜200人の部員が一つのグラウンドで練習すれば「同じような選手が育ってくる」

 それに対し通信制の相生学院は、来年新入生を迎えても3学年で35人の編成になる。指導者は全員に目を配れるし、必然的に低学年から公式戦の経験を積み重ねることができる。さらに在学中でも、プロも含めて他に本人に適したレベルのチームが見つかれば、いつでも移籍を認めていく方針だという。

「100〜200人も部員が一つのグラウンドでトレーニングをすることになれば、個々の特徴に合わせたメニューを組み込むのは難しい。全員が同じメニューをこなすことになり、どうしても同じような選手が育ってくることになります」

 そう言ってゼムノビッチ氏は続けた。

「高校生年代は、そろそろ適性ポジションを決めて、それに即したトレーニングをしていく必要があります。例えばFWなら、ゴール前の動きやシュートの精度が求められ、裏を取る動き、ポストワーク、ヘディングなど、実際のゲームで使う技術や動きを反復させていかなければならない。でもみんなが同じトレーニングをしていたら、どこのポジションでもこなせるけれど、特徴の少ない中途半端な選手になってしまいます」

 15歳までにテクニックを完璧に仕上げ、そこからは個々の特徴を際立たせていく。

 ゼムノビッチ氏は、それが「どこでも通用する良い選手」を育成する道筋だと考えている。

Football ZONE web編集部